fbpx

SiGMA

インド:カジノの 「スーパースプレッダー」 イベントが医療関係者に注目されてる

掲載日時 4月 29, 2021 04:01 Category: アジア , 土地ベース ,

インドでは住民に外出制限が課せられていますが、政府はいまだにカジノの営業を許可しています

ヘラルドが医療専門家から収集したデータによると、新型コロナウイルス感染症の新しい波がカジノから出現している。また、多くの人々と接触するようになり、急速に広まっている。

一時的に閉鎖することで、経済活動を考えるよりも、一定のレベルまで症例を減らすことができる。もし生命があれば、ビジネスと収入があるだろう」 。

ゴアでは、毎日の平均感染者数が制御不能に増加している。夜間外出禁止令にもかかわらず、陸上カジノの営業を許可するという政府の決定は、住民にはあまり受け入れられていない。昨年、カジノは最後に営業を再開したが、これはカジノがスーパースプレッダーになりやすいという事実を証明している。

India Viriato Fernandes大尉は「彼ら (カジノ客) はキャリアとなり、マハラシュトラ州とカルナタカ州がゴア州からの旅行者に規制を課すことになれば、ゴア州はスーパースプレッダーになりつつあることになる。」と言った。

市民・消費者団体のRoland Martinsによると、いかなる施設も住民の犠牲を払って党派的な扱いを受けるべきではない。「経済活動の不均衡を招くので、誰も優遇措置を受けるべきではない。中小企業は危機感を持っており、それを避けるために政府は戦略を考え直すべきだ」夜間外出禁止令が出されているにもかかわらず、カジノには引き続き多くの人が訪れている。

いくつかの指摘は、カジノ産業がこれらのスーパースプレッダーのイベントに貢献していることです-これらのゲームホールやレストランは、ウイルスを広めるリスクに大きく貢献することができる。

その他の関連ニュースとして、インド最大のオペレーターであるデルタ (Delta) 社とゴアのカジノ (Casinos) は、パンデミックのために物件が強制的に閉鎖された期間、ライセンス料の免除を要求した。

感染者数が急増しているため、デルタ航空は、同国を襲っている国民の健康危機により、さらなる操業停止が差し迫っている可能性があると警告している。

デルタは2021年3月期の最終四半期に57.65ルピーの利益を計上し、売上高は17%近く増加した。

SiGMA マガジンについて:

SiGMA マガジンは、ゲーム業界にスポットライトを当てる、2年に1度の究極の雑誌です。ヨーロッパ、アジア、アフリカ、アメリカ大陸の5大陸をカバーし、世界中から寄稿者が集まっている。出版物は全世界の読者に配布され、印刷部数は1万部で、膨大な顧客ベースに関する限定コンテンツを読者に提供しています。世界中のユーザーのため、SiGMAはコンテンツを大陸に応じた特定の言語で翻訳するために社内翻訳者を利用しています。この雑誌は、当社のデジタル版を介してオンラインで入手でき、SiGMAの年次ショーでも配布されます。次号へのご参加をご希望の方は、Katyまでご連絡ください。

Related Posts

SPACと…

オーストラリアのPlayUpが、特別買収…

LCB A…

受賞歴のあるカジノ関連会社は、マルタで開…

Playt…

英国上場のPlaytechは、2010年…