fbpx

SiGMA

オランダの規制当局、ギャンブル依存症基金を受け取る3つの機関を発表

掲載日時 3月 12, 2021 12:55 Category: ヨーロッパ ,

オランダの規制当局であるKansspelautoriteit (KSA) は、ギャンブル依存症に取り組むための資金を受け取る3つの機関を選択

オランダのギャンブル規制当局であるKansspelautoriteit (KSA) は、ギャンブル依存症予防のための新たな基金であるVerslavingspreventiefonds (VPF) をどの機関が受け取るかを決定した。

This act aims to:Verslavingspreventiefonds (VPF) は同国の遠隔賭博法に従って設立され今年4月1日にローンチ予定である。この法律の目的は次のとおりである。

  1. ギャンブル依存症の治療を匿名で促進する
  2. ギャンブル障害者に対する全国的な支援サービスを提供する
  3. ギャンブル依存症の予防・治療に関する研究を支援する

Theこの基金の恩恵を受ける機関として選ばれたのは、The National Healthcare Institute、ZonMw、Human Assistance Network for Daily Support (HANDS) の3機関である。

HANDSは、ギャンブル依存症の影響を受けた人々のための全国的な支援サービスを創設する動議の一部を構成する。このサービスは2021年10月1日から始まる予定だ。

健康研究に資金提供する政府機関ZonMwは、ギャンブル依存症の研究をターゲットにする。

National Healthcare Instituteは、問題を抱えたギャンブラーに匿名のオンライン治療サービスを提供している。

関連項目:KSAは、オンラインゲームの合法化に対応してマネーロンダリング及びテロ資金供与の防止に関する法律を改正した。

去る一月初旬、KSAはCuracaoのライセンスを受けた運営会社Virtual Coin Gamingに対し、違法な賭博行為で60万€の罰金を科した。

関連項目:KSAは、オンラインゲームの合法化に対応して、マネーロンダリングとテロ資金供与の防止に関する法律を改正した。

去る1月初旬、KSAはCuracaoのライセンスを受けた運営会社Virtual Coin Gamingに対し、違法な賭博行為で60万€の罰金を科した。

ソースページ: iGaming Business 

SiGMAロードショー次はラスベガス:

我々がウクライナで成功したロードショーの後-SiGMAロードショーの次はラスベガスです。

私たちのバーチャルロードショーは、今後数年間にヨーロッパ、CIS地域、アジア、アメリカ、アフリカの5つの主要地域で開催されるSiGMAのグローバルイベントを反映しています。ウクライナで開催された前回の仮想イベントでは、2,500人以上の参加者が登録し、1,500回以上のコンファレンスが行われました。75社以上の出展者があり、ブースの総入場者数は6000人近くに達しました。SiGMAは、ラスベガスのバーチャルロードショーと同様のことを期待しており、参加したい方はこちらで登録してください。

Related Posts

SPACと…

オーストラリアのPlayUpが、特別買収…

LCB A…

受賞歴のあるカジノ関連会社は、マルタで開…

Playt…

英国上場のPlaytechは、2010年…