fbpx

SiGMA

中国が違法賭博行為の取り締まりを拡大

掲載日時 4月 09, 2021 07:39 Category: アジア , オンライン ,

調査対象となった国境を越えた17,000件以上の事例

最近の報告では、中国公安省は、警察が17,000件以上の国境を越えたギャンブル事件を調査したと報告した。これらの事例のうち、2020年までに当局は3,400のオンラインギャンブルプラットフォームと2,800の違法支払いプロバイダープラットフォームを閉鎖した。

木曜日に開催された「国境を越えたギャンブルとの戦い」をテーマにした会議で、Zhao Kezhi公安大臣は、国が2021年まで許可されていないオンラインギャンブルの一掃に取り組み続ける予定であると述べた。

China illegal gamblingInside Asian Gamingは、ミーティング中に、目標は「領土内におけるギャンブルのための違法な資金調達ネットワークを取り締まるとともに、ギャンブルに関連する資本連鎖、技術連鎖、プロモーションチャネル、および賭博者の流れを断固として遮断すること」だと言われたと報告した。

8月にSiGMA ニュースは、中国文化観光部が、中国人観光客を誘致し、中国観光市場のビジネス秩序を混乱させるためにカジノを開設したいくつかの都市をリストアップし、海外のギャンブル観光地 (マカオを除く) の 「ブラックリスト」 を作成したと報じた。この「ブラックリスト」は、さらに他の地域にも拡大される。

Zaho氏は「我々は、最も強力な法的抑止力を達成するために最高かつ最も重い罰則を使用して、国境を越えたギャンブルの土壌を厳しく罰し、防止しなければならない、我々はギャンブルを拒否する強い雰囲気を作らなければなりません」 と述べた。

M&Aアクション:

シード投資を探しているスタートアップであろうと、エグジットを求めている既存企業であろうと、私たちはあなたを支援します!お客様がビジネスに最適な評価を受けられるよう、適切な担当者に連絡します。さらに、このコンサルティングには10セントの料金はかかりません。手伝いましょう、ここに登録してください。

Related Posts

SPACと…

オーストラリアのPlayUpが、特別買収…

LCB A…

受賞歴のあるカジノ関連会社は、マルタで開…

Playt…

英国上場のPlaytechは、2010年…