日本は2021年3月に100店以上のパチンコ店を閉鎖

Content Team 3年前
日本は2021年3月に100店以上のパチンコ店を閉鎖

パンデミックで全国のパチンコ店の約7.4%が消失 

パチンコ事業全体の約90%を占める全日本アミューズメント施設事業協同組合連合会の毎月の調査によると、3月末の店舗数は2月末に比べて111店舗減少している。

3月はパチンコ業界にとって壊滅的な月で、年度末には100店以上が短期間で閉店した。

packinko parlours2020年度末の加盟店数は8,063店だった。2019年度末には8,710店舗となり、COVID-19期を通じて全国のパチンコ店の約7.4%が撤退しています。

アミューズメント産業事業協同組合によると、2021年3月末現在、加盟店のパチンコ機は2,187,288台 (前月比31,568台減) 、パチスロ機は1,421,139台 (同20,769台減) となっている。

さらに、Asia Gaming Briefによると、パチンコホールの収益は新型コロナウイルスのパンデミックが始まる前の約75%の水準で推移しています。

経済産業省が毎月実施している 「特定サービス産業統計調査」 によると、調査対象となった約1,200店舗の2月のゲーム機販売額は30万1000円 (2,760米ドル) で、2020年の約75.2%だった。2021年1月の数字はほぼ同じだった。

それにしても、パチンコの売り上げは完全には回復していない。2020年10月には、ゲーム機1台当たりの売上高はパンデミック前の水準の約83.6%に達したが、新型コロナウイルスの第三波の開始により、この数字は現在の水準まで減少した。

日本はパンデミックの第4波に突入しており、短期的に予想されるさらなる回復は現実離れしているように見える。

去る6月にSiGMA Newsは、全国のパチンコ店の売上が前年比で減少したと報じた。

SiGMA ロードショー マニラ:

SiGMA ロードショーはバーチャル化を進めており、ウェビナーは毎月新しい管轄区域で開催され、荒々しいカンファレンスの話題や小規模だが賑やかなエキスポ会場など、世界的な議題をターゲットにしている。SiGMA グループは55日にマニラに進出します。この商談イベントは、オペレーター、アフィリエイト、サプライヤーのいずれの立場であっても、関係を結び、ビジネスにロケット燃料を提供する唯一の機会です。アジア市場は注目に値するほど成熟しており、SiGMA ロードショーは、この地域に参入したいと考えている先見の明のあるビジネスマンのためのものだ。今すぐ登録して、洞察に満ちた会議コンテンツと新しいビジネスチャンスに満ちた、魅力的な2時間にご参加ください。

Share it :

Recommended for you
Content Team
1年前
Content Team
1年前
Content Team
1年前
Content Team
1年前