AUSTRAC、 「重大な」 AML違反でStar社を民事提訴

Content Team 1年前
AUSTRAC、 「重大な」 AML違反でStar社を民事提訴

オーストラリアの金融監視機関であるAUSTRACは、Star Entertainment Groupに対してマネーロンダリング防止法およびテロ資金供与対策法に 「重大かつ体系的に」 違反したとして民事訴訟を起こした。

AUSTRACは連邦裁判所にThe Star PtyとThe Star Entertainment QLDを提訴したと明で述べたが、請求の規模については明らかにしなかった。

この処分手続きは、2019年9月に業界全体で始まったコンプライアンスキャンペーンに続くもので、昨年6月にはThe Starに対する強制捜査が行われた。

規制当局は、AMLやテロリズムのリスクを適切に評価せず、時間の経過に伴う変化を特定し対応しなかったことなど、申し立ての詳細を明らかにした。

このグループには、リスクを管理するための適切なリスクベースのシステムとコントロールが含まれておらず、他の失敗の中でも、取締役会と上級管理職が請求を監視するための適切な枠組みを確立できなかった。

リスクの高いクライアント

このように適切な監視が行われていなかったため、顧客は透明性が低く、高いAMLリスクを伴う決済チャネルを通じて資金を移動させることができた。

運営者はまた、ルートを移動する資金の出所や、資金が不正であるリスクがあるかどうかを理解していなかった。

また、リスクの高い顧客との取引関係を継続することが適切かどうかも考慮していなかった。

「犯罪者は常に金融システムを悪用して資金を洗浄し、コミュニティに害を与えようとする。企業は、我々の金融システムとコミュニティの防衛の最前線として、犯罪行為に最初に注意を喚起されることが多い。」とAUSTRACのCEO、Nicole Roseは述べた。

「AUSTRACの調査では、不十分なガバナンスやリスク管理の失敗、AML/CTFプログラムを遵守し維持することなど、多くの問題が特定された」 。

AUSTRACの主張に対し、The StarはAMLの責任を重く受け止めており、規制当局に協力していると述べた。

StarのCEOであるRobbie Cookeは 「私たちは文化を変え、ビジネスを変革しています」 と語った。「改善に取り組んでいますが、まだやるべきことはたくさんあります」 。

オーストラリアのカジノは、2019年の地元メディアによる調査報道を受けて規制当局の注目を浴びた。この報告書は、シドニーのカジノを通じて資金洗浄を可能にしてきたクラウン・リゾーツのガバナンス慣行の混乱を強調した。

これらの問い合わせは、シドニーとクイーンズランドでの資産運用に適さないと判断されたスターにまで拡大された。

ニューサウスウェールズ州の規制当局は10月、コンプライアンス上の問題でStarに1億ドルの罰金を科した。

Share it :

Recommended for you
Content Team
1年前
Content Team
1年前
Content Team
1年前
Content Team
1年前