fbpx

SiGMA

カリフォルニアの人々、オンラインスポーツ賭博に反対:世論調査

掲載日時 9月 15, 2022 12:35 Category: アメリカ , オンライン , スポーツベッティング , 投稿者 Content Team

『カリフォルニア公共政策研究所』 (Public Policy Institute of California) が実施した世論調査によると、カリフォルニア州民の大半は、州内でのスポーツ賭博を合法化する提案に反対している。

調査は9月2日から9月11日の間に, 1,705人の成人住民が参加して行われた。それは、11月の議会選挙に先立って有権者の脈拍を測るために計画された。

この選挙期間中、有権者は7項目の提案についても発言権を持つことになる。その中には、部族地域外でのオンラインおよびモバイルでのスポーツ賭博を許可する提案27も含まれる。

調査によると、もし今日選挙が行われた場合、投票者の34%が賛成し、54%が反対、さらに12%が不確実だった。

共和党支持者の過半数がこの提案に反対したのに対し、民主党支持者と無党派層の約半数が反対しました。18歳から44歳の可能性の高い有権者と借家人は、それぞれ52%と51%と、わずかな支持率を示した唯一の人口統計だった。

この提案は、インドの部族や関連企業が、部族の土地以外でオンラインやモバイルでスポーツ賭博を行うことを認めるものだ。投票者は、部族地域内でのみスポーツ賭博を合法化する提案26を決定するよう求められる。

地元メディアの報道によると、世界最大のスポーツ賭博市場の一つを創設するという提案に賛成か反対のどちらかで選挙運動をしている双方のロビー団体による広告支出はすべての州の記録を破った。

投票は11月8日に行われる。

300人のスパルタン

アジアとヨーロッパの主要拠点での勝利の後、AGSは300の主要アフィリエイトをマルタに飛ばし、すべて費用が含まれた豪華旅行に招待しています。イベントはSiGMAと並行して11月14~18日にSiGMA ヨーロッパにて開催されます。

300人のスパルタンについての詳細はこちら。

Related Posts

SPACと…

オーストラリアのPlayUpが、特別買収…

LCB A…

受賞歴のあるカジノ関連会社は、マルタで開…

Playt…

英国上場のPlaytechは、2010年…