fbpx

SiGMA

ディズニーCEOによるとESPNはスポーツベッティングのパートナーを探している

掲載日時 9月 16, 2022 15:29 Category: アメリカ , オンライン , スポーツベッティング , 投稿者 Sharon Singleton

ディズニーのCEO、Bob Chapek氏は、同社のスポーツネットワークESPNが、急成長する米国のスポーツ賭博市場に参入するためのパートナーを探していると述べた。

ESPNが独自の賭けを受け入れるスポーツブックになることは決してないが、それを実現するためにサードパーティーと提携する可能性はあると、CNBCのDavid Faber氏はインタビューで語った。

Chapek氏は8月の電話会議でアナリストに対し、同社は 「かなり長い間」 スポーツブックのプラットフォームと交渉してきたと述べた。

米国では2018年、スポーツ賭博が合法化された後、メディア各社が賭博会社やスポーツリーグと相次いで合意にこぎつけた。

コンサルティング会社KPMGの報告によると、合法的な賭けが加わったことで、視聴者が増え、イベント中のリテンションが高まることで、スポーツ番組の生中継に対する視聴者の関心が高まったという。賭け金を持っているスポーツファンは、試合の結果がほぼ決まっていて、カジュアルなファンがチューンアウトしていても、より長く見ることができる。

KPMGによると、2021年のスポーツ、賭け、メディアを合わせた市場規模は1350億ドルで、企業は同年上半期に18件の取引を完了し、これは2019年全体の取引総額に匹敵するという。

ディズニーブランドの保護

しかし、最も価値のある米国のスポーツ放送ネットワークと評価されているESPNの追随は遅れている。

ESPNのジミー・ピタロ社長は6月のスポーツ・メディアのポッドキャストで、スポーツ賭博はESPNにとって 「必須」 だったと述べたが、同社は状況を正すために慎重に進めていると語った。

ディズニーは、 「ファミリーフレンドリーブランド」 を、いかなるギャンブルとも関連付けないように注意してきた。

ESPNは、賭け関連のコンテンツを番組に組み込む提携関係を結んでおり、ギャンブル専門のポッドキャストも提供している。また、シーザーズ・エンターテインメントやドラフトキングズとはマーケティング契約を結んでおり、ESPNのプラットフォームで賭けの内容を宣伝する権利を持っている。

CNBCの報道によると、Chapekのコメントは、アクティビスト投資家のDaniel Loebが22年度第二四半期にDisneyの株式を10億ドル (0.4%) で取得したことを受けたもののようだ。Loeb氏は当初、スポーツ賭博に参加しやすいとして、Disneyにスポーツネットワークのスピンオフを求めた。

その後投資家は、ディズニーが世界中の視聴者に広告と購読者からの収益を届ける上でESPNの持つ可能性を理解していると語った。

300人のスパルタン

アジアとヨーロッパの主要拠点での勝利の後、AGSは300の主要アフィリエイトをマルタに飛ばし、すべて費用が含まれた豪華旅行に招待しています。イベントはSiGMAと並行して11月14~18日にSiGMA ヨーロッパにて開催されます。

300人のスパルタンについての詳細はこちら。

Related Posts

SPACと…

オーストラリアのPlayUpが、特別買収…

LCB A…

受賞歴のあるカジノ関連会社は、マルタで開…

Playt…

英国上場のPlaytechは、2010年…