fbpx

SiGMA

Ebet、iゲーミングの収益性を重視

掲載日時 8月 16, 2022 17:32 Category: eスポーツ , オンライン , ディープテック , 投稿者 Maria

損失を最小限に抑えるため、EBETはeスポーツ製品への投資を減らし、従業員と請負業者の人員を54%削減する。

EBET社 (旧eスポーツ・テクノロジー) は、2022年8月からEBITDAランレートをプラスにする収益戦略を提示している。

EBET社は、自社の長期的および短期的な収益性を向上させるために、組織再編戦略を開始した。そのために、従業員と契約業者の数を54%削減し、英国でのマーケティング活動を大幅に削減し、利益率の高いオンラインカジノを優先して、同社のかつての主力部門であるeスポーツを避けるなど、一連のコスト削減策が開始されている。

CEO of EBET Aaron Speach
EBETのCEOであるAaron Speach

EBETのCEOであるAaron Speachは次のように述べている: 「私たちは今月EBITDAをプラスに達成するために現在のランレートにあり、私たちはEBETの事業の大きな転換点に達したと感じています。」

「経営陣や株主にとってのEBETの将来について、これほど興奮したことはない。拡張性が大幅に向上し、
引き続き収益性と株主価値の向上に努めてまいります」 。

EBETは利益を生まないeスポーツ商品への投資を制限する措置を取っているが、経営陣はHelix、ggCircuit、EGLとのeスポーツ事業を閉鎖するか売却するかについては明らかにしていない。

戦略の変更にもかかわらず、EBETは引き続きeスポーツをサポートしており、Gogawiブランドを国際的に拡大したいと考えている。しかし、eスポーツ業界が成長し、そのファン層が賃金の高い層に移行して賭けにもっとお金を使うようになるまで、これは起こらなかった。

Global Nasdaqに上場しているオペレーターは、実施した一連の措置は 「新規に買収したiゲーミング資産と既存のeスポーツ製品の収益性を高める」 ことを目的にしていると、第3四半期決算発表前に発表した声明で述べた。

EBETが2021年に7500万ドルで買収したAspire Gamingのかつてのホワイトレーベル子会社であるKaramba、Hopa、Griffon Casino、Dansk 777は、今後はiゲーミングポートフォリオの商業拡大に集中する簡素化された会社の中心となる。

EBETの第3四半期の売上高は1820万ドル、売上総利益は720万ドルだった。不採算事業を除外するため、同社は 「短期的には収益成長率が低下すると予想している」 と予告した。

8月22-25日にセルビアのベオグラードで開催されるイベントに参加しよう:

美しい景色、おいしい料理、豊かな文化、そしてパーティー好きで知られるバルカン人たちは、この地域を故郷と呼ぶiゲーミングのエコシステムの成長を見据えて、趣味の良い観光客や起業家たちに求められています。世界的なギャンブルコミュニティの本拠地として、SiGMAカンファレンスは、その啓発的なパネル、刺激的なスピーチ、投資とネットワークを構築する豊富な機会、そしてあなたの人生の時間を持ちながらすべてを行う能力で広く知られています。業界が提供できる最善のものと、世界的なギャンブルの未来への窓を手に入れるために、ベオグラードに参加してください。スポンサーシップや講演についての詳細や、イベントへの参加に関するお問い合わせは、Sophie ([email protected]) までご連絡ください。

Related Posts

SPACと…

オーストラリアのPlayUpが、特別買収…

LCB A…

受賞歴のあるカジノ関連会社は、マルタで開…

Playt…

英国上場のPlaytechは、2010年…