SiGMA

マルタ、グレーリスト解除で基盤強化へ-MGA

掲載日時 11月 15, 2022 17:01 Category: オンライン , ヨーロッパ , 規制 , 投稿者 Sharon Singleton

マルタ賭博局(MGA) のCEO Dr.Carl Brincatは、FATFのグレーリストから管轄権を削除する作業が完了した後、マルタの基盤ははるかに強固になったが、課題は残っていると述べた。

SiGMAヨーロッパの初日のパネルで、Brincatは、規制当局は、革新のための措置を取る前に、基礎ができていることを確認する必要があることを学んだと述べた。

「基盤が強固になったので、前に進むことができる」 と彼はパネルディスカッションで述べ、世界中のiゲーミング管轄区域の中でマルタがいかに優位な地位を維持できるかに焦点を当てた。ブリンキャットは昨年1月に規制当局のトップに任命された。

マルタは、指定を受けた1年後の6月に、金融活動作業部会 (FATF) のグレーリストから、より詳細な調査の対象となる管轄区域から除外された。

FATFは、その他の問題として、脱税対策のための規制基盤への懸念、最終的な受益所有者に関する情報の水準、現地および国際機関との知識共有に関する規定などを挙げていた。

しかし、たとえグレーリストの解除が肯定的であったとしても、業界は規制当局の監視強化による逆風に直面しているという点で、ブリンキャット氏をはじめとするパネリストの意見は一致している。

パネリストたちはまた、最近公表された欧州委員会の2022年のスーパーナショナル・リスク・アセスメント報告書に失望を表明した。報告書ではオンラインゲームが最も高い危険因子と評価され、4とされた。これは、AMLリスクとテロ資金供与の両方に対するものであった。

これとは対照的に、陸上カジノのAMLリスクは2と評価された。

理解不足

Betsson Groupの社長兼CEOであるPontus Lindwallは、この報道に非常に失望していると述べた。

彼は、ゲーム業界に課せられた規制を理解していない誰かからの机上調査のようだと述べた。

他のパネリストも、規制が増え続けているにもかかわらず、認識されるリスクレベルが上がっていることに意味がないとして、ランキングに懸念を示した。

マルタと欧州全体の産業はより厳しい監視に直面しているが、パネリストたちは管轄権が前進しているという点で意見が一致した。

iGenの会長であるEnrico Bradamante氏は、マルタで達成されたクリティカルマスが、スキルセットと知識の強力な基盤につながっていると指摘した。

「エコシステム全体は誰にも負けません」 と彼は言い、ここに位置する企業にとっては、単なるMGAライセンスよりも多くの利点があると付け加えた。

11月14~18日SiGMAヨーロッパ

ゲーム業界を規制した最初のヨーロッパ諸国の1つであるマルタは、グローバルビジネスのハブである。投資家と起業家の両方が将来を形作ることを期待する多くの展望がある中、SiGMAのマルタ・ウィーク・イベントでは、このセクターの関連会社、事業者、サプライヤーの中から業界の巨人が一堂に会する。

Related Posts

AUSTR…

オーストラリアの金融監視機関であるAUS…

Luckb…

Luckboxブランドでビジネスを行って…