SiGMA

ネバダ州、違法なオフショアオンラインベッティングサイトへの連邦政府介入を要請

掲載日時 5月 09, 2023 14:15 投稿者 Matthew Calleja 翻訳者: Wade Cito Wheelington
カテゴリー: アメリカ, オンライン, 規制,
掲載日時 5月 09, 2023 14:15 カテゴリー: アメリカ, オンライン, 規制, 投稿者 Matthew Calleja 翻訳者: Wade Cito Wheelington

ネバダ州を含むいくつかの州のギャンブル規制当局は、オフショア拠点のオンラインベッティングプラットフォームを標的とする連邦政府の介入を求めている。

ネバダ州、海外のオンラインベッティングサイトに連邦政府の介入を要請

Las Vegas Review-Journalによると、Nevada Gaming Control BoardのChairmanであるKirk Hendrickは先週、Merrick Garland米司法長官に書簡を送り、これらの違法ギャンブルサイトに対する連邦政府の措置を求めた。

「我々は今日、違法なオフショアのスポーツブックやオンラインカジノと戦うことを優先するよう司法省に要請するために書いている」とHendrickは述べた。

2022年後半、米国ゲーム協会は、オフショアのスポーツベッティングサイトに対する米国人の年間支出を明らかにする報告書を発表した。報告書によると、アメリカ人は違法なブッキーやオフショアサイトで638億ドルを賭けている。これによりゲーム関連の収入は38億ドル、州税は7億ドルの損失を出している。

これとは対照的に、合法的なスポーツ賭博は、昨年アメリカ人が行った賭けで約1000億ドルを集めた。しかし、米国のスポーツ賭博市場のほぼ40%は依然として違法スポーツブック業者が独占している。

「これらの違法な操作がもたらす危険性はよく知られており、責任あるゲームプログラムへの投資の欠如、重要な取り組みに資金を提供する州の税収の損失、未成年者を保護するための年齢確認要件、マネーロンダリングを防止するための管理、顧客が公正な支払いを受ける保証の欠如などが挙げられる」-ネバダ州ゲーム管理委員会のKirk Hendrick委員長。

Hendrickはさらに、州のゲーム規制当局はオフショアの違法ギャンブルだけではリスクに対処できず、連邦政府の関与が必要であることを示唆した。規制当局は、司法省に対し、これらのオフショア施設の捜査と起訴を優先し、可能な限りの支援を提供するよう求める。

36州とワシントンDCではスポーツ賭博が合法化された。一方、オンラインカジノは6つの州でのみ合法である。

AGAの報告書ではオンラインカジノも取り上げられた。米国人がオフショアオンラインカジノで賭けている金額は年間推定3379億ドルで、州の税収は39億ドルの損失となっている。米国のオフショア市場は、合法的な米国のiゲーミング市場の約3倍の規模であり、2022年には50億ドル、推定売上高は135億ドルに達すると推定されている。

SiGMA アメリカでのKOL-フロー

ブラジルのサンパウロで開催されるSiGMA アメリカは、アメリカにおけるiゲーミングとカジノの将来に情熱を注ぐ全ての人々にとって見逃せないカンファレンスである。このイベントは、業界のリーダーとつながり、キーオピニオンリーダーを中心とした示唆に富む議論を行い、最先端の展示会を体験するためのユニークなプラットフォームを提供している。

ホームページから最新情報や最新ニュースをお届けするほか、お早めにご登録いただくことでスリリングなイベントでの席を確保してください。

関連ポスト

SiGMA…

B2CアフィリエイトポータルのSiGMA…

SiGMA…

デジタルプラットフォームの台頭、グラフィ…