ドイツの新規制当局が賭博免許の付与を開始

Content Team 1年前
ドイツの新規制当局が賭博免許の付与を開始

現在、ドイツの新しいギャンブル規制当局であるGemeinsamenGlücksspielbehördederLänder (GGL) の承認を待っている状態で、オンラインスロットおよびポーカーのプロバイダーに対する約50の新しいゲームライセンスが存在する。

Ronald Benter, GGLのCEO

その結果、ドイツ管轄の賭博業者の公式ホワイトリストには、新たに25の業者が登録された。その他のライセンスは、保証金の支払い受領が条件となります。GGLが定める高い基準を満たす約600件のゲーム許可申請が承認された。

今年のGGLの目的は、この分野の透明性を高め、違法ギャンブルを取り締まることである。規制当局は選手を保護し、ギャンブル依存症を防ぐために力を入れている。GGLによって検察庁が設立され、現在までに約1150のゲームウェブサイトが規制当局によってチェックされている。

違法賭博に関連した活動は300件近く報告されている。

CEOのコメント

GGLのCEOであるRonald Benterは、「提出されたゲーム許可のすべてが許可されるわけではないと結論付けなければなりません。多くの場合、ゲームに英語の指示しかない場合など、最も単純な要件によって失敗します。ドイツでは、プロバイダーとスタジオ間のより良い調整を期待しています。」と述べている。

「重大な違反が見つかった場合は許可を取り消す」 とBenterは付け加えた。「私たちの目標は、すべてのプロバイダーの公平な競争の場です。私たちは、インターネット上で違法または非準拠のギャンブルを提供するビジネスモデルが、長期的に価値がないことを保証したいと考えています。」

前歴

GGLは2023年1月1日にiゲーミングの規制業務をすべて引き継いだ。その権限は、新しいゲームライセンスを授与して、ゲームコンテンツ事業者が管轄地域でサービスを提供できるようにすることである。新たな申請は、承認や許可の更新の前に厳しい審査の下で調査される。

Share it :

Recommended for you
Content Team
1年前
Content Team
1年前
Content Team
1年前
Content Team
1年前