fbpx

SiGMA

ニュージャージー州、オンラインギャンブルの10年延長を検討

掲載日時 9月 16, 2022 12:56 Category: アメリカ , オンライン , カジノ , 投稿者 Sharon Singleton

新型コロナウイルスのパンデミック (世界的大流行) でカジノが存続したことを受けて、米国のニュージャージー州はオンラインギャンブルのサービス期間を10年間延長することを検討している。

地元メディアによると、州議会委員会は木曜日に公聴会を開き、インターネット賭博を2033年まで許可すると発表した。署名のために知事に行く前に、まだ追加の承認が必要です。

委員会はまた、インターネット賭博を提供しているカジノに、すべてのオンライン賭博サイトにアトランティック・シティの所有地の名前を目立つように広告することを義務付ける法案を提出した。別の法案では、eスポーツでのギャンブルも認められている。

Associated Pressは、元Atlantic City市長であるDon Guardian議員の発言として、 「インターネットゲームはニュージャージー州のゲームに不可欠な要素であることが証明されている」 と報じた。「それが、ニュージャージーにまだカジノがある理由の一つだ。」

同州のカジノ施設は、COVIDのパンデミックが始まってから3カ月半閉鎖されていたが、同州の9カ所のカジノ収入はパンデミック前の水準に戻るのに苦労していると報じられている。

ニュージャージー州は2013年にインターネットカジノゲームを開始し、それ以来、そのカジノはオンラインのギャンブラーから47億9000万ドルをもたらしてきました。この数字にはスポーツ賭博の売上高は含まれておらず、別途報告されている。

300人のスパルタン

アジアとヨーロッパの主要拠点での勝利の後、AGSは300の主要アフィリエイトをマルタに飛ばし、すべて費用が含まれた豪華旅行に招待しています。イベントはSiGMAと並行して11月14~18日にSiGMA ヨーロッパにて開催されます。

300人のスパルタンについての詳細はこちら。

Related Posts

SPACと…

オーストラリアのPlayUpが、特別買収…

LCB A…

受賞歴のあるカジノ関連会社は、マルタで開…

Playt…

英国上場のPlaytechは、2010年…