スリランカではカジノ免許発行前に規制当局が必要

Content Team 1年前
スリランカではカジノ免許発行前に規制当局が必要

スリランカの代表的な国会議員は、新しいライセンスを発行する前に、国はカジノ規制当局を設立する必要があると述べた。

財政委員会の委員長であるDr.Harsha de Silvaは、規制機関のないカジノ免許は世界中どこにも認められていないと指摘している。

地元メディアの報道によると、同氏は規制当局を設立するために直ちに行動を起こすべきだと提言した。

スリランカは現在、首都コロンボでいくつかのカジノを運営している。しかし、財政難に陥っている同国は、観光産業の活性化と政府の歳入拡大のため、さらなる免許発行を検討している。

9月、Ranil Wickremesinghe大統領は2010年の法律の下でこの部門を拡大するための規則を公表した。

地元メディアは官報に掲載された通知を基に、この規則では最長20年間更新可能な5年間のライセンスの発行が認められると報じた。五年間のライセンス料は5億ルピーとなる。

ロータスタワーマネジメントカンパニーは今月、コロンボのロータスタワーにカジノとエンターテインメントエリアを開設する契約を結んだことを明らかにした。

現地メディアによると、シンガポールのKreate Design Pteとの協定により、6か月以内に開業する予定となっている。このプロジェクトへの総投資額は10億ドルと報じられたが、誰がカジノを運営するかは不明である。

コロンボ港地区の活性化計画の一環として、さらに14億ドルの娯楽ゾーンが昨年承認された。このプロジェクトは中国の投資家によって支援されている。

政府は最近、国内のカジノに対する増税計画も発表した

財務省は、カジノに対する年間税金を2億ルピーから5億ルピー (140万ドル) に150%引き上げたと発表した。

Share it :

Recommended for you
Content Team
1年前
Content Team
1年前
Content Team
1年前
Content Team
1年前