タンザニアのギャンブル税率はゲーム総収入の25%

Content Team 1年前
タンザニアのギャンブル税率はゲーム総収入の25%

新シリーズでは、SiGMA ニュースが東アフリカのゲーム分野を調査している。焦点はタンザニアのゲーム分野への洞察である。

タンザニアでは2013年からオンラインカジノの営業が許可されている。最初のカジノライセンスは、今は消滅したiplay8casino.com6に発行された。その終焉は、インターネットの普及率が低い (15%) ことに起因している可能性がある。

それ以来、タンザニアのインターネットインフラは急速な拡大の恩恵を受けている。そのため、政府はインターネット賭博を規制するよう促された。2022年末の時点で、タンザニアのインターネット普及率は50%であり、複数のインターネット賭博会社を維持し、いくつかのタンザニアのデジタルカジノを長期的に存続させることができた。

タンザニアのゲーミングボードのライセンスを持つデジタルカジノプラットフォームのみが同国のプレイヤーを受け入れることができる。タンザニアの子会社を設立すれば、オフショア事業者も免許を取得できる。無許可のオンラインカジノを利用することは違法であるが、一般のプレイヤーに対する強制力はない。

オンラインカジノのライセンス料は年間4万米ドルかかる。固定料金とは別に、ギャンブルの税率はインターネットカジノの総ゲーム収入 (GGR) の25%に適用され、オンラインギャンブル会社はタンザニア人の純収入に対して10%の税金を課すことが法律で義務付けられている。

タンザニアでは仮想通貨は規制されていない。そのため、ビットコインカジノも規制されていない。具体的な規制や公式な合法化が行われていないため、国内のどの実店舗カジノも仮想通貨を受け入れておらず、タンザニアで認可されたオンラインギャンブルサイトも暗号通貨を受け入れていない。

ただし、ビットコイン、ライトコイン、イーサリアム、および類似の暗号トークンを使って賭けを行うことは違法ではなく、オフショアのビットコインオンラインカジノでプレイするプレイヤーは制裁や起訴を受けず、タンザニアのインターネットサービスプロバイダはこれらのサイトをブロックしない。タンザニアからのプレイヤーを受け入れるビットコインカジノには、SlotVライブカジノやスポーツブックなどがある。

関連記事:

ケニアにおけるiゲーミングPart 2: ケニアのオンラインカジノ収益はスロットが3分の1を占める

ケニアにおけるiゲーミングPart 1:ケニアはiゲーミングの普及率で地域をリードしている

ガーナにおけるiゲーミングPart 1: ガーナにおけるiゲーミングの新たなフロンティア

ガーナにおけるiゲーミングPart 2: ガーナにおけるiゲーミングの利点

Share it :

Recommended for you
Content Team
1年前
Content Team
1年前
Content Team
1年前
Content Team
1年前