米国の違法ギャンブル、州政府から年間133億ドルの税金を奪う:AGA

Content Team 1年前
米国の違法ギャンブル、州政府から年間133億ドルの税金を奪う:AGA

米国ゲーム協会 (AGA) の報告によると、米国人は違法ウェブサイトに年間約5110億ドルをギャンブルし、州政府から年間約133億ドルの税金を奪っている。

また、違法産業は合法ゲーム部門に年間442億ドルの売上高をもたらしており、これは2021年の総売上高のほぼ半分に相当するという

AGAのBill Miller社長兼CEOは 「違法で規制されていないギャンブルは、脆弱な消費者を利用し、規制上の義務を回避し、インフラや教育などのために必要不可欠な税収をコミュニティから奪い、我々の社会の災いとなっている」 と述べた。「違法で規制されていない市場が拡大していることは以前から分かっていたが、この報告書はそれがいかに蔓延しているかを明らかにしている」

AGAは、5,284人の成人を対象とした調査に基づいて、The Innovation Groupにレポートの実行を依頼した。それは合法と違法の両方の業者における過去1年間のギャンブルの習慣について尋ねた。

オンラインスロット/カジノが違法賭博の大部分を占める

違法な賭けの中で最も多かったのは、オンラインスロットやテーブルゲームを提供する違法なiGamingウェブサイトだった。総額3379億ドルが賭けられた。この分野の違法市場の規模は合法市場のほぼ三倍で、今年は50億ドルの収益が見込まれている。

これまでのところ、オンラインカジノを合法化しているのは6州のみであり、これらのサイトにアクセスしたアメリカ人のほぼ半数が違法にプレイしていたことになる。

AGAの報告書によると、アメリカ人は違法なブッキーやオフショアのスポーツベッティングサイトに638億ドルを賭けていた。今年の合法市場は1000億ドルと予測されており、違法スポーツブックは米国市場全体の約40%を占めている。

スポーツ賭博は現在、米国の36州で合法化されており、コロンビア特別区とAGAは、この数字は重要ではあるが、規制市場への移行を示していると述べた。

AGAによると、規制されていないゲーム機も拡大しており、カジノの87万台に対し、580,651台と推定されている。これらの違法マシンの勝率はネバダ州のカジノの7.16%に対し、約25%とかなり高い。

Share it :

Recommended for you
Content Team
1年前
Content Team
1年前
Content Team
1年前
Content Team
1年前