SiGMA

UKGCの調査では、11歳から16歳までの子供の0.9%が問題のあるギャンブラーであることが判明

掲載日時 11月 11, 2022 15:08 Category: オンライン , 規制 , 責任あるゲーミング , 投稿者 Sharon Singleton

英国ギャンブル委員会の報告書によると、英国では11歳から16歳の約0.9%が問題ギャンブラーに分類されている。

2022 Young People and Gambling Reportは、あらゆる種類のギャンブルにおける子供の暴露と関与を調査する年次研究である。

「業界の規制当局として、私たちは、子供たちが違法に製品にアクセスすることを防ぐために、ギャンブル事業者に強力な保護を行うことを求めています。」としている。「これには子供をターゲットにしたマーケティングや広告を防ぐルールも含まれています」 。

今年、31%の子供が過去12ヶ月間にギャンブルに自分のお金を使ったと述べている。

UKGC問題賭博行為のステップアップ

ペニープッシャーやクローグラップマシンを含むアーケードゲーム機をプレイするなど、ギャンブルは合法であるという大多数の人にとっては。22%がこの活動に参加したことがあると答えた。約15%が友人や家族間で賭けをしたことがあると答え、5%が友人や家族とお金のためにトランプをしたことがあると答えた。

しかし、2%の少数派がスロットマシンにお金を使ったことがあり、2%がeスポーツに賭けたことがあると答えた。

UKGCは、子供をターゲットにした事業者を含む破綻した事業者に対する取り締まり活動の強化、オンラインスロット商品の厳しい取り締まり、オンラインでの年齢確認とID確認の強化、顧客との交流要件の強化、クレジットカードでのギャンブルの禁止など、ギャンブルによる被害を防ぐための取り組みを強化していると述べた。

ご一緒に参加:11月14日~18日、SiGMAヨーロッパ

ゲーム業界を規制した最初のヨーロッパ諸国の1つであるマルタは、グローバルビジネスのハブである。投資家と起業家の両方が将来を形作ることを期待する多くの展望がある中、SiGMAのマルタ・ウィーク・イベントでは、このセクターの関連会社、事業者、サプライヤーの中から業界の巨人が一堂に会する。

Related Posts

AUSTR…

オーストラリアの金融監視機関であるAUS…

Luckb…

Luckboxブランドでビジネスを行って…