fbpx

SiGMA

ウルグアイの合法化がLATAMオンラインギャンブル推進の原動力と見られる

掲載日時 9月 22, 2022 09:00 Category: アメリカ , オンライン , 規制 , 投稿者 Sharon Singleton

ウルグアイがオンライン・ギャンブルを合法化しようとしていることは、南米全体で規制の 「健全な波」 をさらに推し進めるのに役立つかもしれない、と業界の主要幹部の一人は言った。

同国の上院は8月中旬、オンラインギャンブルの合法化に賛成票を投じた。この提案は、最終承認の前に衆議院で審議される必要がある。

この提案のもと、経済財政省のカジノ総局はウルグアイのオンライン賭博を規制する。この法案は、国内の州や土地にあるカジノがオンライン賭博サービスを提供することを認めるものです。スポーツ賭博はすでに合法化されている。

規制当局は、問題賭博対策に特化した基金に総利益の5%を拠出することを義務付けられる。

オンラインはすでにウルグアイで人気がある

「ウルグアイ人は他の多くの人と同じようにオンラインギャンブルが好きで、政府が時々ブロックしている外国のウェブサイトを使っていますが、また始まります。」と、テクノロジーとホスティング企業のContinent 8 Technologies.でLATAMのゼネラルマネージャーを務めるGabriel Szlaifsztein氏は述べた。

「さらに、各国政府は人々がいずれにしてもゲームに参加することを認識しているため、LATAMのすべての地域で合法化の 「健全な波」 があります。また、プレイヤーの健康、技術的な管理、および税収の面での影響があるため、すべての関係者にメリットがあります。」

LATAMのオンラインギャンブル規制は、2016年にコロンビアで始まり、その後、州単位で規制されているアルゼンチンが続きます。ペルー大統領は先月法案に署名し法律として成立させたが、目下、誰もがブラジルの法案成立に向けて動いている。チリも立法プロセスを開始しており、今年に入って遅れている法案を発表した。

COVIDの結果としてあらゆるものがオンラインに移行したことに加え、各国政府がパンデミックの影響を受けた経済を活性化するために税収増を求めていたことも、合法化への動きを促した。

「ということで、ウルグアイはこの規制の波に乗った重要な参加者であり、他の国に活動を規制するよう動機付け、全てのLATAMで規制された環境を持つようにしています。」とSzlaifsztein氏は述べた。

確固たる市場での可能性

Szlaifsztein氏は、スポーツ賭博がすでに人気を博しているウルグアイ市場にはかなりの可能性があると述べた。国民一人当たりの所得も相対的に高いが、その反面、人口は370万人に過ぎない。世界銀行の2021年の一人当たり国内総生産は17,020ドルで、アルゼンチンを上回り、チリをわずかに上回った。

サッカーや競馬が人気で、ライブのカジノゲームも人気である。

「ですから、これらの活動に関連するすべてのゲームには、成功する非常に良い機会があると思います。私の経験では、スロットは最も人気のあるものではありませんが、良いサービスはウルグアイの設定にオプションを追加することができます。」

ウルグアイはまた、2本の海底ケーブルが世界とつながっており、優れた技術インフラも持っている。また、パブリックとプライベートの両方のTIER III認定データセンターがあり、優れたレベルのサービスを提供している。

「実際には、多くの企業が地域に供給するためにそこに事業を設立しています。」と、Szlaifszteinは言う。

この規制は、ライセンスの1つをめぐる激しい競争につながる可能性が高いと同氏は付け加えている。

「これは、質の高い提案を市場に提供し、今日の業界の要求に応えるための非常に興味深い提案を行う良い機会です。複数の認可を付与することが予想されるため、市場に勝つためには一定の競争が必要であり、その結果、最高のゲームプラットフォームに賭ける必要がある。」

300人のスパルタン

アジアとヨーロッパの主要拠点での勝利の後、AGSは300の主要アフィリエイトをマルタに飛ばし、すべて費用が含まれた豪華旅行に招待しています。イベントはSiGMAと並行して11月14~18日にSiGMA ヨーロッパにて開催されます。

300人のスパルタンについての詳細はこちら。

Related Posts

SPACと…

オーストラリアのPlayUpが、特別買収…

LCB A…

受賞歴のあるカジノ関連会社は、マルタで開…

Playt…

英国上場のPlaytechは、2010年…