fbpx

SiGMA

カンボジア、新型コロナウイルス感染拡大防止のためすべてのカジノを閉鎖

掲載日時: 4月 28, 2021 07:57 Category: アジア , 土地ベース , 投稿者
Stanley Yin

カンボジアの首相は、同国にある125のカジノすべてに一時的な営業停止を命じた

COVID-19の事例がカジノ経営者に発覚したことを受け、さらなる通知があるまで、カンボディアのすべてのカジノは閉鎖を続けるよう命じられた。カンボジアの日刊紙 「The Star」 によると、バンティミエンチェイ州などのカジノ事業は一時的に閉鎖されなければならない。カンボジアのカジノのほとんどはシハヌークビル沿岸にあり、他の多くのカジノはタイ国境のポイペトやベトナム近くのバベトにあります。

「その発生を見て、州政府はポイペトのすべてのカジノを中止することを決めた。」と地方行政局長のChhoeun Kraiyongは述べた。

Prime Minister of Cambodiaこれまでのところ、ウイルスが検出されたカジノの名前は公表されていない。カンボジアではCOVIDの症例が再び増加しており、旅行を含めた事態のコントロールに向けて抜本的な対策を講じている。インドとの間のすべての旅行は、今のところ中断されている。

プノンペン市、タフマウ市、シアヌーク州プレア市ではロックダウンが命令され、州知事のOum Reatryがこれらの地域のすべてのカジノに対してもロックダウンが命令された。

カンボジアの首都プノンペンでは、夜間外出禁止令が5月5日まで延長さた。

首都にあるカジノリゾート 「NagaWorld」 では数人の従業員がCOVID-19検査で陽性反応を示したため、3月以来から営業を停止していた。

Donaco International Limitedは明言で、カンボジア当局の命令に従い、バンティミエンチェイ州におけるすべてのカジノ運営を一時的に停止したと発表した。会社は、スタッフとゲストの健康と安全が優先事項であることを強調した。

カジノが営業を再開する時期については明らかにされていない。

SiGMA マガジンについて:

SiGMA マガジンは、ゲーム業界にスポットライトを当てる、2年に1度の究極の雑誌です。ヨーロッパ、アジア、アフリカ、アメリカ大陸の5大陸をカバーし、世界中から寄稿者が集まっている。出版物は全世界の読者に配布され、印刷部数は1万部で、膨大な顧客ベースに関する限定コンテンツを読者に提供しています。世界中のユーザーのため、SiGMAはコンテンツを大陸に応じた特定の言語で翻訳するために社内翻訳者を利用しています。この雑誌は、当社のデジタル版を介してオンラインで入手でき、SiGMAの年次ショーでも配布されます。次号へのご参加をご希望の方は、Katyまでご連絡ください。

 

Related Posts

Winz.…

新しいインターフェイスは、PCユーザーと…