fbpx

SiGMA

COVID-19問題から目覚めたラスベガス

掲載日時: 3月 15, 2021 08:20 Category: アメリカ , カジノ , 土地ベース , 投稿者
Stanley Yin

COVID-19が予期せぬ、前例のない大惨事を引き起こしたことを受け、ラスベガスはようやく通常の状態に戻り始め

 
Buck Wargo氏、SiGMA ニュースの米国特派員。
 

今日から、全米でコロナウイルスのワクチン接種率が上昇していることから、USゲーミングキャピタルは、2021年の観光事業と会議事業の回復に向けてさらなる規制を発表している。

  • カジノは現在、ゲームフロアの容量を35%から50%に増やし、より多くの会議やイベントを開催できるようになった。
  • 定員は50人から250人に引き上げられ、定員は50%となった。
  • これらの制限は、世界的流行の高まりを受けて昨年の秋に実施されました。

ラスベガスの物件はできるだけ早く立ち直ろうと熱望しており、すでに業務を拡大する計画を発表している。

Caesars Entertainmentは、Planet HollywoodとLinq Hotel on the Stripが、週末だけでなく週7日営業になると発表した。

ホテルを9カ月間閉鎖していたパラッツォは、週7日営業を再開した。

MGMリゾート・インターナショナルはマンダレーベイとパークMGMのホテル・タワーを1週間で再開し、ミラージュのカジノフロアを全面的に再開しました。

昨年、ラスベガスのカジノは、パンデミックのために2カ月半完全に閉鎖され、規制された営業再開後、実際には回復しなかった。

ネバダ・リゾート協会の社長であるVirginia Valentine氏は、 「大規模な集会場の収容能力を拡大するという発表は、ラスベガスの回復速度にとって大きな一歩だ」 と話した。

多くのカジノの入り口での温度検査もまた、直面している。

「正常化」 への復帰計画も発表され始めた。

Cirque du Soleilの関係者は、今年の夏に彼らのショーを復活させる計画だと述べた。他のショーやエンターテイメントも復活しており、NHLのラスベガス・ゴールデン・ナイツは今月T-Mobileアリーナでファンを受け入れ始めた。

先週、9月を舞台にした、Billie EilishとGreen Dayが主演したLife is Beautiful music and arts festivalが数時間で完売した。

ラスベガスはパンデミックの影響を強く受け、パンデミック以前の月間訪問者数は最大60%減少しました。ホテルの利用者数は大幅に減少したが、ゲーム収入は大きな打撃を受けた。

しかし、回復の兆しが見え始めている。

先月のカリフォルニアとネバダ間の自動車交通量は、パンデミック以前の2020年の同時期よりも多く、航空会社は便数を増やしている。

感染率が低下し、予防接種を受ける人が増えるにつれ、最悪の事態は脱し、より良い未来が訪れるという希望がラスベガス当局にはある。

 

SiGMAロードショー次はラスベガス:

我々がウクライナで成功したロードショーの後SiGMAロードショーの次はラスベガスです

私たちのバーチャルロードショーは、今後数年間にヨーロッパ、CIS地域、アジア、アメリカ、アフリカの5つの主要地域で開催されるSiGMAのグローバルイベントを反映しています。ウクライナで開催された前回の仮想イベントでは、2,500人以上の参加者が登録し、1,500回以上のコンファレンスが行われました。75社以上の出展者があり、ブースの総入場者数は6000人近くに達しました。

Related Posts

Winz.…

新しいインターフェイスは、PCユーザーと…