fbpx

SiGMA

メリーランド州、60のオンライン事業者を誘致する新たなスポーツベッティング法案を提出

掲載日時 4月 14, 2021 06:42 Category: アメリカ , オンライン , 土地ベース ,

メリーランド州議会、オンラインスポーツ賭博法案に青信号60オンライン事業者容量を追加

 

4月12日月曜日、メリーランド州議会は、オンラインオペレーターの定員60名で、対面式のスポーツ賭博およびオンラインスポーツベッティング法案を可決した。賭け手は2021年9月1日までに賭けを行うことが期待できる。

議員らは、最大60のオンライン事業者と30の小売ライセンスを承認している。年間料金は、大規模事業者が5万ドル、小規模事業者が1万ドルに設定されている。さらに、オンラインスポーツブックの申し込みにかかる費用は、年間10万ドルの追加徴収金を除いて50万ドルだ。この法案は、オンライン口座を開設するために直接登録する必要もない。

知事Larry Hogan氏はまだ契約に署名する必要があるが、承認する見込みだと報じられている。その後、州の規制当局が同州のゲーム規制を策定する。

Action Networkによると、メリーランド州当局は2021年9月1日を初のオンラインおよびリテール向けスポーツブックの公式発売日として、大人気のNFLシーズンにちょうど間に合うように考えている。

国内だけでなく海外でも大手企業を誘致できる事業者が多いことを考えると、このニュースは非常に有望である。同様に、SiGMAのアメリカ特派員は、メリーランド州とオハイオ州が示した明確な兆候について議論し、ゲーム産業がCOVID-19の危機後に回復しつつあることを示した。

ここもごらんください: Alabama Senate greenlights gambling bill

ソースページ: SBC News

M&Aアクション:

シード投資を探しているスタートアップであろうと、出口を求めている既存企業であろうと、私たちはあなたを支援します!お客様がビジネスに最適な評価を受けられるよう、適切な担当者に連絡します。さらに、このコンサルティングには料金もかかりません。ここに登録してください。

Related Posts

AGEM指…

ゲーム機器製造業者協会 (AGEM) の…

SciPl…

ある物言う投資家が親会社のLight&a…