今のところ順調:Moneyvalに認められたマルタの努力

Content Team 2年前
今のところ順調:Moneyvalに認められたマルタの努力

これまでに導入された改革は肯定的なフィードバック

2019年に最初の見直しに失敗して以来、マルタはヨーロッパ評議会加盟国の間で回覧されたマルタに関する草案の立場に従って、Moneyvalによって指摘された欠点を改革するために最善を尽くしてきた。

Times of Maltaによると、これはマルタがMoneyvalからの 「完全な」 方向に向かっていることを示しているかもしれないが、最終的な決定は今年の後半になる予定だ。

マルタ政府は、ヨーロッパ評議会のマネーロンダリング対策専門委員会から、最近導入された一連の改革について肯定的なフィードバックを受けていることが示されている。

MONEYVALTimes of Maltaは匿名の情報筋の話として、「アクセルペダルから足を離して、これらの必要な変更を進めるのを止めると、FATFとのトラブルに陥る可能性があります。」と書いている。

日曜日の政治活動中に、首相Robert Abela氏は、マルタ政府がMoneyval委員会から草案を受け取ったことを確認したが、FATFによる最終報告書が今後数ヶ月にわたって発表されるまで、まだやるべきことがあると主張した。

Abelaは、「私たちはマルタがグレーリストにならないという段階を通過するために努力を続けており、多くの努力によってその段階に到達できると信じています。私はこの国でこの状況が繰り返されることを決して望んでおらず、6月以降、私たちはマネーロンダリング防止を強化するための変更を続けます」 と述べた。

マルタの野党リーダーであるBernard Grech氏もこのニュースを歓迎したが、ここ数年状況が悪化していることを理由に政府を批判した。

昨年10月、政府は最終報告書をマネーバルの専門家に提出した。この報告書は、金融犯罪のリスクが高い国としてグレーリストされるのを避けることを目的としていた。

SiGMA ニュースは1月にマルタ経済社会開発評議会での会議中に、首相はマルタがMoneyval試験に合格し、すべての要件を満たすと確信していると述べていると報じた。

SiGMAロードショー次はラスベガス:

我々がウクライナで成功したロードショーの後-SiGMAロードショーの次はラスベガスです。

私たちのバーチャルロードショーは、今後数年間にヨーロッパ、CIS地域、アジア、アメリカ、アフリカの5つの主要地域で開催されるSiGMAのグローバルイベントを反映しています。ウクライナで開催された前回の仮想イベントでは、2,500人以上の参加者が登録し、1,500回以上のコンファレンスが行われました。75社以上の出展者があり、ブースの総入場者数は6000人近くに達しました。SiGMAは、ラスベガスのバーチャルロードショーと同様のことを期待しており、参加したい方はこちらで登録してください。

Share it :

Recommended for you
Content Team
11ヶ月前
Content Team
11ヶ月前
Content Team
11ヶ月前
Content Team
11ヶ月前