ブラジルのeスポーツ大手が欧州における戦略的拡大の拠点としてマルタを選択

Content Team 1年前
ブラジルのeスポーツ大手が欧州における戦略的拡大の拠点としてマルタを選択

米国最大のeスポーツおよびゲーム組織の1つであるブラジルに本社を置くeスポーツ大手のFuriaは、欧州における戦略的拡大の拠点としてマルタを選択した。

マルタの経済・EU資金・土地担当大臣であるSilvio Schembriは、SiGMA ニュースのインタビューで、Furiaのマルタへの進出は、国際的なeスポーツ部門にさらに進出するというマルタ政府の信念と野心の証であると述べた。

「我々はeスポーツの可能性を信じていた。これは世界規模で12億米ドルに相当する産業であり、継続されている。少し前までは、マルタを本格的なeスポーツハブとして位置づけるという夢、ビジョンを持っていました。我々はその野心を実現しており、我々のビジョンは今、実を結んでいると誇りを持って言える」 -Silvio Schembri大臣-経済・EU資金・土地担当大臣

今週マルタで開催されたESLプロリーグ会議に出席したSilvio Schembri大臣

本社所在地:メリエハ

Furiaのヨーロッパオフィスはマルタ北部のメリエハにある。これらは今年の夏までに完全に機能するだろう。

「この美しい国への投資を促進するためにマルタ政府が支援してくれたことに感謝の意を表したい」 ‐JaimePádua (Furiaの共同設立者兼共同CEO)

Furiaチームはヨーロッパのトーナメントに頻繁に参加しており、同社はこれまでの一時的な解決策を使用するのではなく、レース参加者により一貫性と安定性を与えるため、マルタを拠点とする本社の設立を決定した。このスペースは1000平方メートルを超え、Furiaチームがヨーロッパで戦う場所となる。

ESLプロリーグシーズン17

Schembri大臣とFuriaの共同設立者兼CEOのJaimePáduaは、今週末に同じくマルタで開催されたESLプロリーグのトーナメント中に、Furiaの本社をマルタに設立する協力に喜びを表明した。Páduaはビデオでのスピーチで、会社の相当な投資がマルタのeスポーツエコシステムに貢献するだろうと述べた。

Minister Silvio Schembri

彼は、会社がマルタへの投資を促進することを可能にするための政府の支援について大臣に感謝した。

マルタは、シーズン20終了まで、セントジュリアンズで史上最大のCS:GOリーグを開催する契約を結んでいる。プレイオフ中は生中継があります。24のワールドクラスのチームが85万米ドルの価格と2023年のIEM Katoviceへのチャンピオンの招待を争っている。

Furia

Furia eスポーツはブラジルのプロeスポーツ団体である。『Counter-Strike:Global Offensive』、『Rocket League』、『League of Legends』、『Valorant』、『Rainbow Six:Siege』など、幅広い人気タイトルで競合している。2022年、Furiaは世界で4番目に大きなeスポーツ団体に選ばれた。マルタでの新事業は、ヨーロッパで戦うFuriaチームのためのスペースを提供する。

SiGMAニュースSilvio Schembri大臣と話した。経済・EU資金・土地担当大臣。Schembriは銀行でキャリアをスタートさせ、その後マルタ中央銀行に移ってエコノミストとして働いた。2013年に国会議員に選出され、ギャンブルの問題を支援、教育、防止するために設立された独立機関である責任あるゲーム財団の会長を務めている。Schembri大臣は経済・金融問題に関する議会委員会の議長を務めている。彼はeスポーツとビデオゲームの分野をマルタで国際レベルで発展させる戦略を思いついた。

関連トピック:

ブラジルのiロッテリーとスポーツベッティングのためのブースト

SiGMA グループがサンパウロでのBiSゲーミングサミットを買収

注目:SiGMA アメリカ–世界iゲーミングフェスティバルが6月14日から18日までサンパウロで開催される。詳細はこちら

Share it :

Recommended for you
Content Team
10ヶ月前
Content Team
10ヶ月前
Content Team
10ヶ月前
Content Team
10ヶ月前