テキサス州でスポーツ賭博の合法化を求める声

Content Team 1年前
テキサス州でスポーツ賭博の合法化を求める声

テキサス州でスポーツ賭博を合法化する圧力を強めるため、ロビー団体 「テキサス・スポーツ・ベッティング・アライアンス」が前テキサス州知事Rick Perryと協力している。この提携は、テキサス州でスポーツ賭博を推進する2大陣営のうちの1つである。多くのスポーツベッティングプラットフォームのほか、ダラス・カウボーイズ、ダラス・スターズ、ダラス・マーベリックス、FCダラス、テキサス・レンジャーズなどのプロスポーツチームがある。

この法案を推進している他の圧力団体は、ゲーム帝国のLas Vegas Sandsが主導している。これはテキサス州が新たな税収源を生み出す方法でもある。この法案が可決されると、テキサス州はさらに二年間で最大5億5000万米ドルを税収から徴収する。

前歴

2018年、連邦最高裁は州のスポーツ賭博合法化を禁じる連邦法を撤廃した。これにより、この部門を合法化し規制するかどうかを個々の州が決定できるようになった。テキサス州のギャンブル業界は、これをテキサス州のギャンブル産業を変革し、スポーツ賭博のパイオニアになるチャンスと見ている。

モバイルスポーツベッティングはすでに35の州で利用できる。テキサス州ではスポーツベッティングプラットフォームはまだ合法化されていない。Perry元上院議員がこの構想を近いうちに実現させるために尽力すると予想されている。一時は反対していたが、見方が変わり、テキサス州のスポーツ賭博はこれ以上の遅延なく規制されるべきだと考えている。しかし、この法案を通過させるにはテキサス州憲法を改正する必要があり、さらに時間がかかり、上下両院の承認が必要になるため、遅延が生じる可能性がある。

「テキサス州のスポーツイベントに賭ける人が出てきますが、私の考えはおわかりでしょう。いいんですよ。しかし、規制が必要だ。監視が必要だ」 とRick Perry元上院議員が述べた。

彼らによると、テキサス州は一度通過し、完全に開発されると、賞金に課税することで二年間の予算サイクルで最大5億5000万ドルを集めている。

Christian Life CommissionのコンサルタントであるBob Kohlerのように、賭けの結果として生じる影響やリスクについて語る反対者ももちろんいる。

「携帯電話にスポーツ賭博をかけて、その利用を暴露するのは良い考えではない。この点は、人々が金銭的に多くの問題に直面する可能性があることを結びつけるには遠すぎない」 とChristian Life CommissionのBob Kohler、モバイルスポーツ賭博に反対が述べた。

Perryは、テキサス州政府は税を生み出し正確な歳入見積もりを決定するための統制を正式にする必要があると指摘している。例えば、コロラド州は最近の調査で、モバイルスポーツ賭博で収益を上げるための規制の実施に関する問題を報告した。前知事は 「テキサス州は適切な管理を行う必要があるだろう」 と述べた。

前知事はテキサス・スポーツ・ベッティング・アライアンスを代表して発言しているが、組織のためにロビー活動をしているわけではないと述べた。

テキサス州のスポーツベッティングの未来

テキサス州スポーツベッティングアライアンスは、州内のオンラインスポーツベッティングサイトの法案を成立させるために必要な支持を得ていると確信している。この法案では、テキサス州宝くじ委員会がオンラインスポーツブックのライセンスと規制を担当し、チーム、リーグ、競馬場がライセンスの対象となる。事業者は、50万米ドルのライセンス料とともに、調整後の総賭博収益に対して10%の税金が課される。賭けをするには21歳以上でなければならない。この法案は、有権者が憲法改正を承認した場合にのみ2024年に施行される。

関連トピック:

注目:SiGMA アメリカ–世界のiゲーミングフェスティバルが6月14日から17日までサンパウロで開催される。詳細はこちら

トップオンラインカジノはこちらのリンクから 「SiGMA Play」 にアクセス 

オハイオ州でのローンチでPlaytechがアメリカ市場に参入

Share it :

Recommended for you
Content Team
11ヶ月前
Content Team
11ヶ月前
Content Team
11ヶ月前
Content Team
11ヶ月前