SiGMA

Netflixの共同創業者兼CEOが辞任

掲載日時 1月 20, 2023 11:26 Category: アメリカ , オンライン , ヨーロッパ , 投稿者 Lea Hogg 翻訳者: Wade Cito Wheelington

共同創業者で最高経営責任者のReed Hastings氏が25年間同社を経営してきたが、退任することを発表した。発表後、Netflixの株価は3.2%下落したが、再び上昇に転じた。最高執行責任者のGreg Petersが、2020年からその役割を担っているTed Sarandosと共に新しい共同CEOに指名された。

Hastingsは、この動きは彼の長期計画の一部であると説明した。彼は 「TedとGregは、共同の成功と失敗を通じて、お互いに対する大きな信頼と尊敬を育んできた」 と述べた。また、 「Netflixの利益を第一に考える上で、彼らは常に信頼できる。これらの資質は、補完的なスキルセット、エンターテインメントとテクノロジーに関する深い知識、Netflixでの実績と相まって、共同CEOとしての彼らと共に、より早い成長とより大きな成功を長期的にもたらすユニークな機会を生み出している」 と述べている。

Netflixのパンデミック後

新型コロナウイルスのパンデミック (世界的大流行) 後、Netflixは数百万人の契約者を失った。しかし、2022年の最後の四半期には予想を上回る770万人の加入者を獲得し、売上は1.9%増の114億3000万米ドルに達したと発表した。Netflixは2021年11月にゲームサービスの展開を開始し、Netflixのアクティブなサブスクリプションを持つプレイヤーは追加料金なしでモバイルゲームのセットに参加することができた。ビデオとゲームのストリーミングサービスは今日、世界中の2億2200万人の会員にコンテンツを提供している。

Reed Hastings

HastingsはNetflixを小売店と通信販売のビデオレンタル事業から世界的なストリーミング大手に成長させた。彼はNetflixの2%を所有している。彼は1995年に会社を共同設立した。

Reed Hastings, Netflixの共同創業者

共同CEOを辞任した結果、Hastingsは大幅な減給を受けることになる。Netflixが米証券取引委員会に提出した書類によると、Hastingsは2023年に50万ドルの基本給と250万ドルのストックオプションを受け取る資格がある。CEOとしての彼の収入は3470万米ドルで、そのほとんどは株式であった。2012年までHastingsはFacebookとMicrosoftの取締役だった。

Hastingsの父はニクソン政権を代表する弁護士だった。ボウドイン大学で数学を学び、その結果スワジランドの平和部隊に勤務した。Hastingsはスタンフォード大学を卒業した。

Patty Quillanと結婚しており、2人の子供がいる。Hastingsと妻のPattyは 「United Negro College Fund」 を支援し、1億2000万ドルを寄付したことで知られている。この他にも、彼らはBiden政権の支持者や援助者として知られている。

Netflixの前歴

動画・ゲーム配信サービスで、全世界で2億2200万人の会員にコンテンツを提供している。

1997年にReed HastingsとMarc Randolphによって設立され、Netflix Originalsとして知られる社内プロダクションも所有している。同社はFortune 500で115位にランクされており、市場資本では最大のエンターテインメント企業である。2010年のピーク時には、S&P総合500種株価指数で最高のパフォーマンスを記録し、トータルのリターンは3,693%だった。

 

SiGMA アメリカ – 世界の iゲーミングフェスティバル

関連ポスト

SiGMA…

SiGMA財団は、エチオピアのジンマボン…

Kindr…

マルタに本社を置くKindred Gro…