FIFAワールドカップの賞金予想は2018年比65%増の350億ドル

Content Team 1年前
FIFAワールドカップの賞金予想は2018年比65%増の350億ドル

Barclays Plcのアナリストによると、FIFAワールドカップの賭け金は350億ドルになると予想されている。

彼らは、2018年大会と比較して、今年の大会ではスポーツ賭博が大幅に増加し、その数は4年前の65%増になると予測している。

賭け分析会社H2 Gambling Capitalのデータを使用したBarclaysによると、ライセンスを持つブックメーカーのファンは、ワールドカップグループリーグの各試合で約4億ドル、準々決勝の各試合で約10億ドル、優勝決定戦で最大25億ドルを賭けていた。

Barclaysによると、ラドブロークスの親会社であるエンテインは、Paddy Powerを所有するフラッター・エンターテインメントよりも、ヨーロッパとラテンアメリカの両方で存在感を示しているため、前者の方がワールドカップでの露出が多いという。

カタールでの試合結果は、これまでのところ様々な引き分け試合で 「わずかにオペレーターに優しい」 ものだったと銀行は述べた。通常、賭け手の大半は1つの有力チームに賭けるため、この状況はブックメーカーに利益をもたらす。

夏季に開催されていた過去の大会と比較して、James Rowland Clarke氏のような専門家によると、現在では休暇を取る人が少ない冬季のヨーロッパのピーク時に試合が行われている。

米国は、合法的なスポーツ賭博が国内で広く利用できるようになって以来、初のワールドカップに参加しているが、ヨーロッパはワールドカップの賭けの主要な拠点である可能性が高い。スポーツブックはこの急増を利用して、ワールドカップの試合に焦点を当てた取引を開始し、広告に多額の費用を費やしている。

アナリストは、生活費の高騰と休暇シーズンが重なると、顧客の賭け能力に負担がかかると警告している。

Share it :

Recommended for you
Content Team
9ヶ月前
Content Team
9ヶ月前
Content Team
9ヶ月前
Content Team
9ヶ月前