SiGMA

FlutterはFoxのFanDuelオプションに関する仲裁裁定を歓迎

掲載日時 11月 07, 2022 09:57 Category: アメリカ , スポーツベッティング , 規制 , 投稿者 Sharon Singleton

Flutter Entertainmentは、Fox CorpがFanDuelの株式の18.6%を購入するオプションを行使することを決定した場合、全額の市場価格の支払いを義務付ける仲裁判決を歓迎している。

仲裁判決は、行使価格は2020年12月時点でFanDuelの評価額200億ドルに基づくとした。これは、フォックスが37億ドルと5%の年間簿価調整を支払う必要があることを意味し、価格は41億ドルになる。

Foxはオプション行使を希望する場合、2020年12月から10年間の行使期間を設けている。

Foxが支払う必要のある金額は、FlutterがFastballから米国のスポーツ賭博会社の株式37.2%を購入した際に示されたFanDuelの評価額である112億ドルと比較される。この評価額に基づき、フォックスはオプションに21億ドルを支払うことを求めていた。

この訴訟は2021年4月にニューヨークを拠点とする司法仲裁調停サービス裁判所に持ち込まれた。

オプション裁定でFlutterの正当性を主張

「判決は、この件に関して我々が持っていた自信を正当化し、もしFOXがそうしたいと思った場合、このビジネスに何が必要になるかについての確実性を提供します。FanDuelは米国市場で勝利を収めており、明確なナンバー1オペレーターであり、その卓越した市場をリードする製品と大規模な顧客獲得の効率性によって推進されるポジションである。」とFlutterのCEOであるPeter Jacksonは声明で述べた。「チームは引き続きリーダーとしての地位を維持することに注力しており、11月16日の米国資本市場デーで進捗状況について市場に情報を提供できることを楽しみにしています」 。

法廷での残りの問題は、FOXがFanDuelの親会社のIPOに参加する権利があるかどうか、またあるとすれば、どのような条件の下でFanDuelの親会社のIPOに参加する権利があるかどうかである。

Flutterは、もしIPOの可能性があったとしても、裁判所がこの残りの問題を解決するか、または両当事者がこの問題について合意に達するまでは、IPOを行わないことに同意している。この点に関する仲裁人の拘束力のある決定は、2023年初頭に下される予定である。

ご一緒に参加:11月14日~18日、SiGMAヨーロッパ

ゲーム業界を規制した最初のヨーロッパ諸国の1つであるマルタは、グローバルビジネスのハブである。投資家と起業家の両方が将来を形作ることを期待する多くの展望がある中、SiGMAのマルタ・ウィーク・イベントでは、このセクターの関連会社、事業者、サプライヤーの中から業界の巨人が一堂に会する。

Related Posts

AUSTR…

オーストラリアの金融監視機関であるAUS…

Luckb…

Luckboxブランドでビジネスを行って…