「フランスのiゲーミング業界はさらなる規制を必要としている」- Betclic CEO

Content Team 1年前
「フランスのiゲーミング業界はさらなる規制を必要としている」- Betclic CEO

BetclicのCEO兼創設者であるNicolas Beraudは、フランス当局はオンラインカジノを規制し、違法ゲームに対抗するためにより多くのことを行う必要があると述べた。

Beraudはラジオ局Franceinfoでインタビューを受けながらこの声明を発表した。彼の主張は、iカジノの規制が賭けに関する規制と一致していないという事実を明確にした。

フランスのiゲーミング業界は、2021年に22億ユーロという記録的な総ゲーム売上 (GGR) を記録した。この金額は、スポーツ賭博、競馬、オンラインポーカーの各部門の合計である。

Beraudは、オンラインカジノのゲームはフランス市場のかなりの部分を占めているので、適切な規制を設ける必要があると主張した。

フランスのゲーム収入の16%はオンラインのスポーツ賭博によるものであり、これは規制されつつある。ベローは、市場の86%が同様の規制を受けていないため、違法なギャンブルが盛んに行われていると述べた。

また、フランスはこの1年間、ギャンブルに関する法的枠組みを検討してきたことにも言及しなければならない。2022年夏を通して、フランスの規制当局はオンラインブックメーカーの広告基準を評価した。

これをきっかけに、ネット賭博の広告・宣伝に関する規制が強化された。

Beraudはこの点に関してフランスの規制当局の取り組みを歓迎したが、今はオンラインカジノと 「規制されていない闇市場」 に注意を向けなければならないと述べた。

規制されていないギャンブル行為の闇市場は、プレイヤーに必要な保護を提供しない。また、政府は税金のかからない財政のために公的資金の多くの収入を失っている、とBeraudは主張した。

Betclicは現在、スポーツ賭博の分野でフランス市場の3分の1を占めており、Beraudは規則に沿っているだけでなく、運営モデルを変更することで模範的に同社をリードしてきた。

最新ニュースを見るにはSiGMAのサイトへ

Share it :

Recommended for you
Content Team
10ヶ月前
Content Team
10ヶ月前
Content Team
10ヶ月前
Content Team
10ヶ月前