SJPDが摘発した違法賭博組織

Content Team 1年前
SJPDが摘発した違法賭博組織

サンノゼ警察は、市内の複数の地下カジノで構成される違法賭博組織を家宅捜索し、活動を停止した。

サンノゼとロスバノスの7つの場所で、SJPDの強盗防止ユニットの刑事から令状が出された。これらは、刑事によれば複数の理由による高度な違法行為であり、大規模な作戦に関連して複数の人物が逮捕された。

この作戦の首謀者と考えられる主な容疑者として、サンノゼ在住のChuong Ho (43歳) が特定された。また、カジノ機能に付随する他の違法行為の拠点であることも判明した。

麻薬の流通と消費、違法に入手した物品の取引などである。これらの活動の結果、当局は285,000ドル以上の現金、数十台の無許可の違法ギャンブルマシン、11丁の銃器、8ポンド以上のクリスタルメタンフェタミンとコカイン、500錠のMDMA、2,000通以上の盗まれた郵便物を回収した。

ホーをはじめとする逮捕された関係者は、さまざまな重罪や犯罪容疑でサンタクララ郡刑務所に収監された。

カリフォルニアには間違いなくかなりの規模のカジノ産業がある。ゴールデンステートには全米で2番目に多くのカジノがあり、有名なギャンブル天国のラスベガスがあるネバダ州には及ばない。大規模なスポーツベッティング部門とともに、この業界は年間200億ドル近くを生み出し、124,000人以上の雇用を支えている。

Illicit gambling in San Jose, California.
カリフォルニア州サンノゼの夜景。

85のカジノが州のギャンブルインフラに立ち並び、規模は取るに足らないように見えるが、彼らは地域社会に効果的にサービスを提供し、人口構成を十分に満たしている。にもかかわらず、業界関連の規制立法は控えめに言っても特異なものである。

カリフォルニアには商業カジノはまったくなく、部族カジノしかない。ネイティブアメリカンの居留地が所有・運営。これは、1988年のインドゲーム規制法 (IGRA) に記載されているコンパクトを通じて与えられる大幅な譲歩によって可能になります。

これらの協定は、先住民族と米国政府との間で、これらの部族の主権を認める合意であり、彼らの土地での包括的に規制された合法的なギャンブル事業を可能にしている。その結果、これらのサービスを提供するこの権利は、カリフォルニア州の部族にほぼ限定されている。

これは、米国中で様々な範囲で使用されてきたモデルのやや極端なバージョンである。しかし、賭博産業の真の範囲は、規制によって実現されるか、少なくとも認められるべきである。

スポーツ賭博の合法化は近い将来に期待される動きだが、これはおそらく十分に近いものではない。このような大規模な作戦が政府の鼻先で行われたという事実は、それを許容する重大な盲点があることを意味する。これはおそらく、ギャンブル部門におけるより多様なオファリングに対する需要の純粋かつ広大な性質によるものである。

違法ギャンブルに対処するための効果のない規制を持つことの最大の欠点は、それが生み出すことができる避けられない価値であり、それは銃器や麻薬乱用を含む他のはるかに不愉快な違法行為を生み出すことになる。

このような収益性の高い問題に対処することは、犯罪活動に貢献する組織からカリフォルニアの金庫を守る能力に驚異的な影響を与える可能性がある。

SiGMAアメリカ

SiGMA アメリカはこの6月にブラジルにやってくる。見逃せないサミットであり、重要な洞察、業界をリードする豊富な知識、独創的な講演者、基調講演に加えて、驚異的な数のプレミアムネットワークの機会が約束されている。

Share it :

Recommended for you
Content Team
10ヶ月前
Content Team
10ヶ月前
Content Team
10ヶ月前
Content Team
10ヶ月前