Luckbox、iゲーミングプラットフォーム買収でアジア進出を狙う

Luckbox、iゲーミングプラットフォーム買収でアジア進出を狙う

Luckboxブランドでビジネスを行っているカナダのReal Luck Groupは、アジア向けのiゲーミングプラットフォームを自社株最大700万株の全株式取引で購入する同意書に署名したと発表した。

今回の合意に基づき、Luckboxはベンダーのプロプライエタリなプラットフォームと技術を購入し、50のゲームプロバイダと100のローカライズされた支払い方法から6,000以上のゲームにアクセスできるようになる。Luckboxはゲームプラットフォームの名称を明らかにしていないが、この買収により、事業面での相乗効果によってより効率的な成長が可能になるとともに、アジア太平洋市場への即時アクセスが可能になると述べた。

加えて、この買収により、これまでiゲーミング事業で成功を収めてきたチームの主要メンバーを通じて、信頼性の高い専門知識がさらにもたらされるとしている。

カルガリーに拠点を置くラックボックスは、買収条件に基づき、株式はロックアップ条件の対象となると述べた。2025年1月までに特定のマイルストーンを達成した場合にのみ、最大600万ドルが支払われる。

「当社のプロプライエタリなプラットフォームにB 2 Bを追加することは、常にLuckbox戦略の重要な部分であり、この重要な買収は、当社の予測よりも1年近く早くこの目標を達成することを意味します。」とCEOのThomas Rosanderは声明の中で述べている。

APACの機会

「また、現在は存在感のない重要な地域であり、おそらく世界最大のeスポーツ市場であるAPACにもチャンスを広げています。「この取引は、大規模なプレイヤーベースへの即時アクセスを提供することで、最終的にビジネスのアップサイドを構築します。この全株式取引は、両社が共通のLuckboxビジョンを共有することで、当社の戦略的成長計画をさらに検証するものである」。

買収は年内に完了する見通し。

火曜日、Luckbox株はトロントの取引で4.7%安の0.10カナダドルで取引を終えた。買収にはTSX Venture Exchangeの承認が必要。

同グループは3 Q 22の結果とともに買収を発表した。同四半期末までに選手登録数は約19,000人に達した。

総売上高は38,016ドルで、前年同期の7,238ドルから増加した。純損失は196万ドルで、前年同期の191万ドルをわずかに上回った。

Luckboxは最近、アクティビスト投資家から2つの提案を受けた。彼らは他社との合併を強制するか、事業を終わらせたいと考えていた。

同社はこれらの提案を、同社を著しく過小評価しているとして拒否した。

Share it :

Recommended for you
Content Team
7ヶ月前
Content Team
7ヶ月前
Content Team
7ヶ月前
Content Team
7ヶ月前
Content Team
7ヶ月前
Content Team
7ヶ月前
Content Team
8ヶ月前
Content Team
8ヶ月前
Content Team
8ヶ月前
Content Team
8ヶ月前
Content Team
8ヶ月前
Content Team
8ヶ月前
Content Team
8ヶ月前
Content Team
8ヶ月前
Content Team
8ヶ月前
Content Team
8ヶ月前
Content Team
8ヶ月前
Content Team
8ヶ月前
Content Team
8ヶ月前
Content Team
8ヶ月前
Content Team
8ヶ月前
Content Team
8ヶ月前
Content Team
8ヶ月前
Content Team
8ヶ月前
Content Team
8ヶ月前
Content Team
8ヶ月前
Content Team
8ヶ月前
Content Team
8ヶ月前
Content Team
8ヶ月前
Content Team
8ヶ月前
Content Team
8ヶ月前
Content Team
8ヶ月前
Content Team
8ヶ月前
Content Team
8ヶ月前
Content Team
8ヶ月前
Content Team
8ヶ月前