M&A:MicrosoftとActivision、法廷審問で750億ドルの取引

Content Team 9ヶ月前
M&A:MicrosoftとActivision、法廷審問で750億ドルの取引

MicrosoftによるActivisionの750億ドルでの買収を計画していたSatya Nadella最高経営責任者は昨日、サンフランシスコの裁判所で米政府の反対に遭い、土壇場で買収を保存しようと試みた。もし判事が連邦取引委員会に有利な判決を下せば、ゲーム会社の買収はほぼ確実に破綻するだろう。同庁は、行政裁判所で並行訴訟を進めている間、取引成立の差し止めを求める仮処分を求めている。

Microsoft、SonyのPlayStationライセンスを認めると宣誓

公聴会では、合意支持者は再び希望を抱いている。Jacqueline Scott Corley判事は、連邦取引委員会 (FTC) から呼ばれた専門家証人を、この取引の分析について繰り返し要求した。彼女はまた、何度も尋問中に代理店の弁護士を打ち切ったり、Microsoftの役員に、SonyのPlayStationにActivisionの最も人気のあるゲーム、Call of Dutyの10年間のライセンスを与えると宣誓するよう要求したりしたが、これは本件の中心的な問題であった。

FTCが仮差止命令の入札で敗訴した場合、行政裁判所でのFTCの別の訴訟は疑わしいものとなる。同社による仮想現実ゲーム会社Withinの買収を阻止する仮差し止め命令を得ることができなかったため、同社は今年初めにメタに対するさらなる措置を断念した。

話題のM&A取引

Activisionの訴訟でも同様の結果が出た場合、英国の競争・市場庁が唯一の規制当局として、買収を妨害することになる。米国の公聴会での最終弁論は今日が期限となっており、早ければ月曜日にも結論が出る可能性がある。

Microsoftの最高経営責任者であるSatya Nadella氏は、連邦裁判所への40分間の出廷を利用して、より大きなゲームライバルであるSonyが、Activisionのタイトルへのアクセスを失うことを心から心配しているのではなく、競争上の理由から買収を阻止しようとしているという同社の主張を強調した。Nadella氏は、MicrosoftがCall of DutyをPlayStationで発売することを 「100%」 保証すると述べ、ゲームを同社のXboxコンソールに限定することは 「経済的にも戦略的にも理にかなっていない」 とした。

「支配的なプレイヤーは独占物を使って市場競争を定義しているので、それが私たちの住む世界なのです。その世界への愛はありません」 -MicrosoftのCEOのSatya Nadella

公聴会の多くは、ビデオゲーム市場に関する技術的な問題に発展しており、FTCは、XboxとPlayStationが占有する高性能ゲーム機や、複数ゲームのサブスクリプションサービスとクラウドストリーミングの別々の市場に対して、Microsoftがあまりにも大きな力を持つことになると主張している。

対照的にMicrosoftは、任天堂のSwitchも含まれる大型ゲーム機市場で第3位の企業であることをアピールしようとしている。また、別々の市場ではなく、同社のGame Passサブスクリプションサービスはゲーム料金の代替手段に過ぎず、クラウドストリーミングはコンソールゲームの機能に過ぎないと主張している。

この買収を支持する人々は、サブスクリプションベースのゲーム配信にさまざまな支持を示している。Activisionの最高経営責任者Bobby Kotickは法廷で、プレイヤーが定額でゲームのライブラリにアクセスできるこのようなサービスは、ゲームの 「経済性を低下させる」 と述べた。また、ハリウッドのストリーミングビデオ戦争による損失を指摘し、 「その考えには一般的に嫌悪感を持っている」 と付け加えた。

関連トピック:

M&A:MicrosoftによるActivision Blizzardの買収

Microsoftと米政府、Activision Blizzard買収を巡る法廷闘争

SiGMA 外国為替サミットが9月にキプロスで開催される

Share it :

Recommended for you
Content Team
9ヶ月前
Content Team
9ヶ月前
Content Team
9ヶ月前
Content Team
9ヶ月前