SiGMA

マカオの通信事業者、コンセッション賞を歓迎ミスを誘発

掲載日時 11月 28, 2022 11:11 Category: アジア , 土地ベース , 規制 , 投稿者 Sharon Singleton

マカオの既存のゲーム事業者6社は、10年間の新たな営業権を与えるという政府の決定を歓迎している。

7番目の入札者であるマレーシアのGenting Groupは、市場への参入を試みたが失敗した。

受賞後のメディアの声明では、事業に深刻な影響を与えている現在進行中のゼロ・コビッド政策にもかかわらず、事業者はみなマカオの将来に自信を示した。

サンズ・チャイナのロブ・ゴールドスタイン最高経営責任者は、 「マカオに対するわれわれのコミットメントは揺らぐことはなく、20年前に開始したマカオ政府およびマカオ市民とのパートナーシップを継続できることを光栄に思う」 と語った。「今後10年間、そしてそれ以降も、マカオの経済、国民、コミュニティに継続的に投資するという戦略を堅持していく。国際的な観光地としてのマカオの将来は依然として明るく、その潜在力を最大限に発揮できるよう、我々の指導的役割をさらに推し進めることを期待する」 と述べた。

Sands Chinaが9月に行った入札では、特にゲーム以外の観光施設やアトラクションの分野で、マカオに対する同社の前例のないレベルの投資が強調された。また、国際的な観光地としてのマカオの魅力を広げるためにサンズ・チャイナが計画していることについても詳しく述べている。

多様化するマカオ観光拠点

MGMチャイナも同様のメッセージを発し、香港の非ゲーム産業を発展させ、中国国外からの観光客の拡大に積極的に取り組むと述べた。

この要素は、国民が海外にギャンブルに行くのを阻止しようとする中国政府の重要な戦略の一つである。

SJM Holdingsは、20年前にマカオ市場が開放される前に独占権を持っていたが、長期的な見通しにも自信を持っており、今後十年間のマカオ経済の持続的発展に貢献することを期待していると述べた。

この裁定は暫定的なもので、新たな譲歩案が発効する1月1日までに最終文書が完成する予定である。

Melco Resorts&EntertainmentのCEOは、マカオ政府が円滑で透明性のあるプロセスを実行していることを称賛した。「私たちはマカオと、アジア一の観光地としての発展に尽力しています」 。

香港株式市場ではウィン・マカオが15%上昇し、最大の上昇率を記録した。MGMチャイナは13%高、Sands Chinaは8.4%高だった。

Galaxy Entertainment、Melco International Development、SJM Holdingsはいずれも大幅に上昇した。

この過程で敗者となったのは、9月にライセンスの突然の入札を行ったGenting Malaysiaであった。1回目の入札で敗れて以来、2度目の挑戦となった。

 

関連ポスト

SiGMA…

SiGMA財団は、エチオピアのジンマボン…

Kindr…

マルタに本社を置くKindred Gro…