SiGMA

マルタ規制当局、iゲーミングでESGを開発へ

掲載日時 1月 24, 2023 11:11 Category: オンライン , ヨーロッパ , 規制 , 投稿者 Lea Hogg 翻訳者: Wade Cito Wheelington

MGAは、2024年からすべての大企業と上場企業は、企業の持続可能性報告指令に基づく行動規範に従う必要があると発表した。マルタ規制当局 (MGA) によると、主要なゲーム管轄区域としてのマルタの評判を高め、 「イノベーションの最前線にとどまる」 ために、iゲーミング部門のための自発的なESGの優れた実践のコードが開発される予定である。

これにより、マルタ管轄地域のライセンシーがESG法を遵守し、ビジネスへの持続可能なアプローチから利益を得ることを支援する。MGAは、iゲーミング部門への指令は、コミュニティへのESGの影響を考慮するために、すべての利害関係者に適用されると付け加えた。

MGAが調査を開始

MGAはさらに、 「今後、より持続可能なものになるための具体的な行動をとる企業がますます増えると予想され、そのような取り組みを報告することは、業界における透明性と説明責任に対する需要の高まりにも対処しつつ、業界内の変化を実行し、全体的な認識を改善することに積極的に貢献すると考えている」 と付け加えた。

ゲーミング分野の認知度を高め、透明性を高めるために、MGAがライセンス契約者や主要関係者とともに調査を行っている。

関連記事:

マルタ規制当局、Betagoのライセンスを停止 (sigma.world)

マルタ規制当局によるGenesis Global一時停止 (sigma.world)

マルタ規制当局、選手保護の枠組みを強化 (sigma.world)

関連ポスト

SiGMA…

SiGMA財団は、エチオピアのジンマボン…

Kindr…

マルタに本社を置くKindred Gro…