マルタ規制当局、DLT政策を公表

Content Team 1年前
マルタ規制当局、DLT政策を公表

マルタ賭博局 (MGA) は、認可された関係者による分散台帳技術の使用に関する新しい方針を公表した。現在のガイドラインを即効性のあるものに置き換える。

マルタの規制当局はまた、チェックリスト、文書、レビュー、監査を更新し、新しい修正をサポートし、すべてのシステムを政策変更に合わせて更新した。

MGAはさらに、 「暫定的な規定に従うことを条件として、本方針は、公表日時点で直ちに効力を発するものとみなされ、サンドボックス環境 ( 「サンドボックス・フレームワーク」 ) の実施を通じた革新的な技術的取り決めの利用と仮想金融資産および仮想トークンの受け入れに関するMGAのガイダンスの効果的な代替となるものとする」 と付け加えた。

このポリシーは、以前はサンドボックスフレームワークを通じて適用されていたDLTアプリケーションの使用に関するMGAの立場を明確にするものである。

前歴

MGAは2001年に設立され、ゲームサービスを利用するプレイヤーに対する公平な透明性を確保し、犯罪、汚職、マネーロンダリングを防止し、未成年者や脆弱なプレイヤーを保護することで、MGAの権限下にあるゲーム業界のさまざまな部門を規制している。

MGAは、オンラインギャンブル会社の活動を規制し、プレイヤーに安全な雰囲気を与える法律を最初に提案した規制当局の1つである。

関連記事:

マルタ賭博局はSona9.comとは関係がないと述べている (sigma.world)

マルタ規制当局、選手保護の枠組みを強化 (sigma.world)

 

Share it :

Recommended for you
Content Team
10ヶ月前
Content Team
10ヶ月前
Content Team
10ヶ月前
Content Team
10ヶ月前