ミシガン州オンラインゲーミング、記録的な売上増で今年を終える

Content Team 1年前
ミシガン州オンラインゲーミング、記録的な売上増で今年を終える

ミシガン州ゲーム管理委員会 (MGCB) が公表した売上結果によると、同州のオンラインゲームは引き続き好調だ。11月には前年比15.2%増の1億8630万米ドル (前年同期比) という記録的な業績が報告された。しかし、スポーツ賭博の収益は27%減の4100万米ドルだった。オンラインギャンブルの総総総収入は前年比で13億米ドルに増加し、スポーツ賭博の総収入は1億8800万米ドルに達した。ライセンス事業者は2870万米ドルのiゲーミング税を支払った。

事業者からの堅調な報告

ミシガン州のオンラインカジノ運営者は、それぞれ100万ドル以上のジャックポットを四つ支払った。BetMGMは11月に過去最高となる5360万米ドルの収益結果を発表し、最初の11ヶ月間で5億3470万米ドルの収益を上げ、引き続き業界をリードしている。

また、デトロイトの陸上カジノ、MGM Grand DetroitMototCity CasinoHollywood Casinoの合計では、前年同月比5.9%減の1億180万米ドルとなった。

前歴

ミシガン州は2021年1月にオンラインギャンブルを開始した。オンラインゲームの売上高が10億米ドルを超えたのは、米国史上3番目の州となった。最初の2年間は大成功を収め、元ブラックジャックのMatt Schochは、スポーツ賭博とオンラインゲームについてレポートし、今年のGGRのさらなる成長を予測している。彼は、 「2023年の第一四半期にはさらに多くのオンラインカジノがローンチされると予想されており、まだ成長の余地がある」 と述べている。

責任あるゲーミング

ミシガン州は責任あるゲームの重要性を推進しており、高校生と大学生のカリキュラムのトピックとして組み込む予定である。

ミシガン州ゲーミングコントロールボードのエグゼクティブディレクターであるHenry Williamsは、 「シーズンを通してスポーツイベントに賭ける際に、誰もが責任を持って楽しむことを忘れないようにする絶好の機会だ」 と述べ、青少年の意識を高め、ゲームやそれに関連する中毒や自己包摂について教育する責任があると付け加えた。MGCBは、州内の意識向上を支援するために、ソーシャルメディアチャンネルを利用している。

Share it :

Recommended for you
Content Team
11ヶ月前
Content Team
11ヶ月前
Content Team
11ヶ月前
Content Team
11ヶ月前