SiGMA

オンラインカジノとロッテリー、インディアナ州の3度の失敗

掲載日時 3月 07, 2023 14:02 Category: アメリカ , カジノ , 規制 , 投稿者 Jake Graves 翻訳者: Wade Cito Wheelington

インディアナ州議会は、州内のiゲーミングのオプションを引き続き違法とみなすだろう。Ethan Manning下院議員が起草した下院法案1536号は、スマートフォンやタブレット、デスクトップパソコンでの宝くじやオンラインカジノのゲームを合法化することを期待していた。

しかし、下院公共政策委員会の委員長を務めるManningは、最終的に予定されていた法案の公聴会を見送ることを決定し、法案は廃案となった。

インディアナ州の3番目はそれほどラッキーではない

online casino bill fails to pass
アメリカ合衆国インディアナ州インディアナポリスにある
インディアナ州会議事堂

この試みが最も楽観的であったにもかかわらず、この問題に関する法案が議会で大きな牽引力を得ることができなかったのは3年連続であった。このような議会の3回連続の失敗には、個別に、あるいはおそらく集団的に、いくつかの緩和要因がある。

インディアナ州カジノ協会会長であり、登録ロビイストでもあるMatt Bellは、法案が十分に検討されなかったことに失望を表明し、 「門前払いになる前に後退した」 と主張した。Bellは、Manningはもっと興味を示しており、彼はさらなる調査を正当化しただろうと主張した。

Manningからのコメントがないにもかかわらず、Bellは、法案が成立していればバーや居酒屋のオーナーがビデオギャンブル端末を店に設置するように働きかけたことが、法案成立の妨げになったと考えている。彼らはこれらの賭博装置を含める法案に固執した。

インディアナ州はオンラインカジノを望んでいるのか?

もう一つの懸念材料は、オンラインカジノのオプションに対する需要の問題、またはその欠如であった。超党派の立法サービス庁が発表した財政影響報告書によると、オンラインカジノの売上高はこれまでの予想を下回る見通し。これは、Spectrum Gaming Groupがインディアナ州ゲーム委員会のために収集した9月の報告書に関連している。

LSAの報告書では、オンラインのカジノゲームは目に見える効果で競争を提供し、同じ業界の実店舗からビジネスを奪うと述べているため、この情報はおそらく複雑化するよりも混乱させた。この結論は、Spectrumの調査結果に少なからず反対している。

ゲーミング州選出の議員で構成される全国評議会の議長を務めるJon Ford上院議員は、過去2年間に提案された法案の偉大な支持者であり、オンライン宝くじとカジノの需要があることは間違いないと主張している。「最後に見たときには、3,000以上のサイトがあり、そのうち76はインディアナ州だけをターゲットにした違法カジノゲームのサイトでした。」

すべての要因の組み合わせ、あるいは唯一のまだ確定されていない要因のいずれかが、法案1536に従ったそのような議会のいずれか、そしておそらくすべてが、かなりの量の牽引力を得ることさえ妨げている。

SiGMAアメリカ

SiGMA アメリカは6月にブラジルのサンパウロで開催される。主要なオピニオンリーダーが参加し、プレミアムなネットワークの機会は、逃したくない機能の1つである。

関連ポスト

Sunak…

Sunday Timesによると、長年の…

888年規…

888株の保有株は、買収で問題となったコ…

AGS ア…

アフィリエイトグランドスラム (AGS)…

SiGMA…

東南アジアのiゲーミング市場は2022年…

Willi…

888人が経営するベッティングショップ運…