スーパーボウルLVIIで1億以上の賭け

Content Team 1年前
スーパーボウルLVIIで1億以上の賭け

今週末のスーパーボウルには1億件以上のオンライン賭けが報告された。前年同期比25%の増加となった。この調査は、オンラインスポーツ賭博が合法である23の規制された州から集められた。週末には32%増の740万件の新規オンラインアカウントが作成された。

グレンデール・アリゾナ周辺のロケーションを分析

調査を行ったのはGeoComplyという会社で、位置情報データ、デバイスの完全性、IDチェック、不正報告の調査を専門としている。同社はまた、週末にスーパーボウル決勝戦が行われたアリゾナ州グレンデール州立ファームスタジアム周辺の10万箇所に分散している8,000以上のiゲーミングアカウントのデータを分析した。

米国ゲーム協会による予測

米国ゲーム協会の独自調査では、試合前にいくつかの重要な洞察と発表された予測が提供されている。約5040万人 (成人人口の20%) がスーパーボウルに賭けることを示唆していた。

ニューヨークで過去最高の賭け率

GeoComplyの共同創業者でCEOのAnna Sainsburyは 「スーパーボウルLVIIは記録破りのイベントだった。GeoComplyのデータによると、合法的にスーパーボウルに賭けることに対するアメリカ人の関心はかつてないほど高まっている。フィラデルフィア・イーグルスやカンザスシティ・チーフスのファンの大部分は、合法的なスポーツ賭博の拠点から歓迎された。」

なお、カンザスシティ・チーフスのファンの一部は、スポーツ賭博がまだ合法でないミズーリ州に住んでいる。規制された州の業者を使ったミズーリ州の25万件の賭けがブロックされたという。最大の賭け率はニューヨーク州で記録された。

サイバー犯罪とセキュリティ

サイバー犯罪により、14万件以上の詐欺行為が報告され、IDの盗難、アカウントの乗っ取り、ハッキングなどにより、スーパーボウルの週末にブロックされた。

Sainsburyは「オンラインスポーツ賭博は詐欺の標的になるかもしれないが、すべての賭け手は自分の位置を確認しなければならないため、業界は始める前にそれを止めるためのデータを持っている」と説明している。

関連記事:

第2023回スーパーボウル:フィラデルフィア・イーグルス対カンザスチーフス (sigma.world)

スーパーボウル・サンデーに暗号通貨広告はなし (aibc.world)

 

Share it :

Recommended for you
Content Team
10ヶ月前
Content Team
10ヶ月前
Content Team
10ヶ月前
Content Team
10ヶ月前