SiGMA

フィリピンはゲーミング投資家や運営会社にとって魅力的

掲載日時 3月 07, 2023 15:07 Category: アジア , オンライン , 土地ベース , 投稿者 Lea Hogg 翻訳者: Wade Cito Wheelington

SiGMAグループは今年フィリピンに向かい、国外からの参加者の大多数を集めている。SiGMAは、アジアのサプライヤー、オペレーター、関連会社のまさに玄関口に、広大なグローバルネットワークをもたらすだろう。B2BとB2Cのブランドには、オンライン事業者と陸上事業者が含まれる。SiGMAはフィリピンの賭博規制当局であるPAGCORによって承認されている。

同セクターの急成長

フィリピンのギャンブル産業は、いくつかのモバイル対応カジノゲームが導入されるなど、モバイル機器を介したゲームによって大規模に発展すると予測されている。この急成長は、フィリピンがアジアで最も収益性の高いiゲーミング市場の一つになったことを示している。その大部分はオンラインカジノの人気の高まりによるものである。

支払いとしての暗号は、安全であると考えられていることや、匿名性の側面をゲーマーが高く評価していることから、新しいゲーマーも引き付けている。また、フィリピンのカジノ市場の回復と成長を促進しているのは、商品の多様性、バランスのとれた市場セグメント、有利なゲーム税制と合わせたキャパシティの拡大と強化である。競争力のあるコストで利用可能な堅実な労働力と、国内の高品質の統合型リゾートの蓄積は、この部門の指数関数的成長が十分に支援されることを意味する。

投資家や新規事業にとって魅力的

フィリピンは重要なギャンブル市場であり、東南アジア有数の強国である。一方、フィリピンの労働コストはASEAN諸国の中で最も競争力のある国の一つである。そのため、フィリピンは外国からの投資や新規事業にとって非常に魅力的である。

ポーカーは35以上の陸上カジノで最も人気のあるゲームである。

オンラインゲームはギャンブラーにとって膨大な選択肢を提供する。人気ゲームサイトには、Jiliko、Plae8、22win、EU9、20Betなどがある。オンラインプラットフォームのトップ3はMagic Red、Mr Mega、HeySpinである。

フィリピンのiゲーミング分野は指数関数的な成長を続けており、オフショア企業は、規制は緩和されているがゲーム関連の法律が整備されている環境や、中国国内でのすべてのギャンブル分野が禁止されている中国の制限された大衆に入り込むための裏ルートに魅力を感じている。

フィリピン政府は、国民に地元で賭けることを奨励する努力を続けている。ゲーム税制は競争力があり、市場優位性を提供し、事業者は顧客獲得と資本改善に向けてより多くの資金を割り当てることができる。これにより、将来の収益がさらに大きくなることは間違いない。

フィリピンのスポーツはここ十年間で人気が高まっており、スマートフォンやモバイルインターネットのアクセスのしやすさに支えられて成長し、およそ5000万人のアクティブなゲーマーが競技の生中継に賭けている。同国はゲーム内収益で世界25位にランクされている。ゲーマーの3分の1は25歳から34歳で、18歳から24歳がビデオゲームをプレイする2番目に大きなグループを形成している。ビデオゲームの90%はスマートフォンで、10%は携帯ゲーム機でプレイされている。また、同国のeスポーツ部門が勢いを増す中、ソーシャルメディアでストリーミングを利用して収入を得ている企業もある。

PAGCOR

PAGCORのデータによると、フィリピンのゲームはパンデミック後に急速に回復している。2022年、フィリピンのライセンスを受けたオンラインギャンブルカジノで提供されるオンラインスポーツ賭博、宝くじ、カジノ、ポーカーでは、10.82%のCAGR率が達成されると予想され、ゲーム総収益の平均GGRは約20億米ドルだったと報告された。売上高は30億米ドルを超えると予想されている。e-サボンやビンゴなどの他の電子ゲームは3億2000万米ドルのGGRを記録し、そのうち1億9000万米ドルをビンゴが占めた。

関連トピック:

フィリピンのSiGMAイベントは、国内最大のエキスポセンターで開催される

PAGCOR、フィリピンで記録的な収益を発表

関連ポスト

Sunak…

Sunday Timesによると、長年の…

888年規…

888株の保有株は、買収で問題となったコ…

AGS ア…

アフィリエイトグランドスラム (AGS)…

SiGMA…

東南アジアのiゲーミング市場は2022年…

Willi…

888人が経営するベッティングショップ運…