SiGMA

SiGMAアフリカ:ケニアで議論された責任あるゲーミングの重要性

掲載日時 1月 17, 2023 13:30 Category: アフリカ , カジノ , 責任あるゲーミング , 投稿者 Content Team 翻訳者: Wade Cito Wheelington

今朝のSiGMAアフリカのパネルディスカッションでは、アフリカ諸国に責任あるゲーミングツールを持つことの重要性が議論された。

イベントはケニアのナイロビで行われている。

パネルのメンバーは、;アフリカ賭博規制協会ディレクターWeldon Koros氏;Aideen Short氏 (Lilywhiteの創業者兼CEO);とWH PartnersのパートナーであるRobert Zammit。

Koros氏は、アフリカ大陸では現在、責任あるゲームツールが非常に不足しており、主にオペレーターレベルで適用されるツールに依存していることを説明した。

彼は、アフリカ諸国はイギリスのような国際的なモデルを模倣し、最終的には自国のモデルや選手の文化に合うように調整する必要があると主張した。

アフリカのギャンブル依存症

Aideen Shortは、アフリカの圧倒的多数のギャンブラーは毎日ギャンブルをしているとコメントした。

「西部の管轄区域では、これはフラグが立てられるだけでなく、停止される。アフリカでは、これは単純に存在しない。」

Robert Zammitは、ゲームを中断したり、ゲーマーにプレイ時間を思い出させたりするポップアップなど、いくつかの異なる形式のツールを掘り下げた。

Korosは、アフリカで実装された場合、特定のツールは独自の問題を伴うだろうと述べた。これには、手頃な価格テストが含まれている。

「この制度が実施されれば、アフリカ人のほぼ70%が貧困のためにギャンブルをする余裕がないことに気づくだろう。」

サポート不足

現在使われているツールは、運営者がヨーロッパ、特にイギリスから持ち込んだものだが、全国的に責任のあるギャンブル団体は存在しないと付け加えた。

「イギリスにはGAMSTOPがある。アフリカには同等品がありません」。

「ギャンブル・セラピーをやっていましたが、昨年中止になりました。運営者が持っているもの以外に、責任あるゲームツールはありません。オペレーター以外では、ゼロからシステムを構築する必要があります。」

また、現地のディレクターは責任あるゲームツールの重要性を理解していないことが多いと付け加えた。

「私の知る限り、アフリカ諸国で全国的なギャンブルのヘルプラインを持っているのはウガンダと南アフリカだけです。」。

彼によると、アフリカ諸国は現在、ウェブチャットのサポートシステムに力を入れているが、それは 「結局のところ、アフリカのギャンブル依存症に関する洞察とレポートを作成できるからである」 という。

「UKモデルをコピーし、現地のシナリオに合わせる」

彼は、アフリカの複数の国で事業を展開している企業は、アフリカ大陸全体にこのようなシステムを構築できると提案した。

ザミットは同意したが、これは各国の規制当局による同様の取り組みと組み合わせるべきだと述べた。「これは、責任あるゲーム機能を導入するために必要なベースラインを判断するのに役立つでしょう」 。

Korosは、ケニアで英国モデルをコピーして貼り付けることは可能であると述べた。このモデルはエビデンスベースである。「もしそれをアフリカに移植するのであれば、現地のシナリオに合わせて再調整できます。このモデルをコピーする方が、何もないよりも有益である」。

イベントはここでライブ配信されている。

関連ポスト

Zenex…

この独占インタビューでは、Zenex T…