Tengcoの野心的なPAGCORカジノ民営化計画

Content Team 1年前
Tengcoの野心的なPAGCORカジノ民営化計画

Alejandro Tengco議長、フィリピンの規制機関を変革するという野心的なビジョン

フィリピン・アミューズメント・アンド・ゲーム・コーポレーション会長のAlejandro Tengcoは、PAGCORカジノを民営化する野心的な計画を持っている。この取り組みを進めることで、規制業務に専心できるようになる。現在、PAGCORは規制機能と運用機能の両方を担っており、この二重の役割がリソースと焦点を圧迫しているように見える。

Tengco提案に対する取締役会の支持

規制当局は、PAGCORのすべてのリソースを市場規制に向けるというTengcoの提案を取締役会の大多数が支持していることを示した。議長は、PAGCORは民営化の模索には前向きであるが、この大きな変革によって間違いなく影響を受けるであろう従業員の福祉が常に最優先事項であると述べている。

彼は声明で「海外のゲーム事業の他の側面を規制する可能性や、特別クラスのBPOや海外でライセンスを受けた合法的な運営者にサービスを提供する者を規制する可能性を検討している」と表明した。

PAGCORは、フィリピンのオフショアゲームオペレーター (POGO) に対する懸念に応えて、オンラインゲームに関するポリシーと規制の枠組みを再評価する措置を講じた。議長は、組織が違法ギャンブルの執行と対処に関して一定の制限を持っていることを認めた。そのため、PAGCORはこの問題に取り組むために様々な法執行機関とのパートナーシップを強化してきた。

PAGCORの現在の役割との利益相反

PAGCORの運営者と規制者の両方としての現在の役割は利益相反をもたらし、カジノに対する支配権を放棄することで解決できる。PAGCORは現在、Casino Filipinoブランドで10のカジノと32の純粋なサテライト、合計42の物件を担当している。利益相反の解消とは別に、カジノを売却すれば、政府が大いに必要としている資金を生み出すことになる。TengcoはPAGCORのカジノを民営化することに賛成しているが、当局はその明確な計画をまだ確立していない。

競争にもかかわらず楽観主義

42のカジノが民営化されるため、このプロセスには時間がかかるかもしれないが、Tengcoは、競争にもかかわらずこれらの物件が関心を集めると信じ、楽観的なままである。彼は、PAGCORのカジノには最新の設備がないかもしれないことを認めているが、人材プールも同様に素晴らしいと確信している。Tengcoは、当局の最も価値ある資産は人材であると強調し、それを最大限に活用するつもりである。

SiGMA グループがPAGCOR関係者と会談し、マニラで開催予定の会議について協議

SiGMAグループは、7月にマニラにB2BおよびB2Cブランドを導入し、いくつかの陸上の出展者を伴ってリーチを拡大する準備をしている。その目的は、SiGMAの西側の広大なネットワークをアジアのサプライヤー、オペレーター、および関連会社に近づけることである。ゲーム業界は進化を続けており、このような出来事はその未来を形作る上で重要な役割を果たすだろう。イベントはマニラ最大のエキスポセンターであるSMXで開催され、PAGCORのお墨付きを得ている。私たちのウェブサイトで情報を得て、チケットを手に入れて、議論に参加しよう!

Share it :

Recommended for you
Content Team
9ヶ月前
Content Team
9ヶ月前
Content Team
9ヶ月前
Content Team
9ヶ月前