SiGMA

Bally’s Corporation社が急成長中のアメリカのゲームプラットフォームを買収

掲載日時 7月 23, 2021 19:39 Category: M&Aアクション , アメリカ , 投稿者 Content Team

MKF社 の広大な地理的プレゼンスとSinclair社のメディアフットプリントを組み合わせて米国全土でスポーツ賭博を制覇するというBallyのプラン

米国のカジノ運営会社であるBally’s Corporation社は、ファンタジースポーツ運営会社のMonkey Knife Fight (MKF)社を買収することで最終合意した。

MKF社はすでに多くの賞を受賞しており、北米で最も急速に成長しているゲーム・プラットフォームであり、ファンタジー・スポーツのデイリーオペレーターとしては第3位である。この取引により、バリーの会社は米国でファンタジースポーツ部門を持つ3社目のスポーツ賭博会社となる。

MKF

2020年、MKF社は、日々のスポーツとEスポーツ・コンテストのダイナミックでクリエイティブなコンテンツを忠実なユーザーに提供しており、スポーツとエンターテインメント分野で6番目に検索され、10番目に成長しているブランドとなった。

Bally社がMKF社を買収したことは、同社がアメリカで初めて真に統合されたスポーツ賭博とiゲーミング会社になるための長期的多角化戦略の最新の一歩である。

この買収はまた、Bally社の最近のSinclair Broadcast Groupとのメディア・パートナーシップや、近く行われるBet.Worksの買収とも関連している。

 

Bally’s Corporation社の社長とCEOのGeorge Papanier氏は次のように述べた:

George Ballys

この買収により、当社は高成長のDFS市場に参入できることを嬉しく思います。Monkey Knife Fight社はユニークな資産であり、私たちはBally社の継続的に成長している陸上カジノとiゲーミングプラットフォームのオムニチャネルのポートフォリオに組み込むことを楽しみにしています。Bally社の象徴的なブランドに該当するすべての資産とサービスと同様に、私たちは国内のスポーツファンにクラス最高のDFSプラットフォームを提供することを約束します。

MKF社は、米国のスポーツ賭博売上の20から25%を占めると予想されるカリフォルニア州、フロリダ州、テキサス州などで潜在的なスポーツ賭博者のデータベースを開発するというバリーの計画を支援する。

また、近い将来スポーツ賭博が認可されると予想される市場であるカナダで、Bally社の選手データベースを構築することも可能になる。さらに、この買収により、BallyはMKFの顧客向けに新しい魅力的なコンテンツを開発することになる。

Bally社はさらに、37の州、コロンビア特別区、およびカナダにまたがるMKFの地理的なプレゼンスの拡大と、21の地域スポーツネットワークのポートフォリオを含むSinclair社の重要なメディア拠点を組み合わせることで、独自のDFSサービスを提供することで、米国中のスポーツファンを引き付ける意向である。

 

ソースページ: Bally’s PR

SiGma グループ が最新の出版物をリリース:

SiGMAマガジン13号がオンラインで公開中。こちらからご覧いただけます。このマガジンには、ヨーロッパ、アジア、アフリカ、ラテンアメリカなど、世界中の 4つの大陸から集められた高品質なコンテンツ、インタビュー、機能で満載です。 雑誌はポストによって世界的な主要な賭博およびビジネス会社に配布されます。 当マガジンにフィーチャーされたい方は、是非 ケイティ・ミカレフ に連絡ください。

Related Posts

AUSTR…

オーストラリアの金融監視機関であるAUS…

Luckb…

Luckboxブランドでビジネスを行って…