Bet 365は顧客が強迫的なギャンブラーであるという主張を却下

Content Team 9ヶ月前
Bet 365は顧客が強迫的なギャンブラーであるという主張を却下

イギリスで、たった一年間で30万ポンドもの大金を失ったギャンブラーの事件が発覚した。彼は、運営者が脆弱なギャンブラーを危害から守るための行動を取るのが遅かったと主張している。The Telegraphの報道によると、ギャンブル会社Bet 365はクリスマスイブに162回という驚異的な賭けをしたにもかかわらず、この人物Vayuputra Anirudh Thotapalliが強迫的なギャンブラーであるという主張を退けたという。

問題のあるギャンブルは、個人だけでなく家族や財政にも壊滅的な結果をもたらす可能性がある。強迫的なギャンブラーが被る損失の負担は、多額の負債が蓄積されるまで公表されないことが多い。責任ある賭博行為と顧客エンゲージメントが運営者に期待される一方で、介入が行われる前に多額の損失を蓄積する個人もいる。

Thotapalliは、2015年2月3日から2016年3月10日までの間に約30万ポンドを失ったと主張している。クリスマスイブだけで162回のベットを行ったと言われており、1日30回以上のベットを33日間連続して行ったと主張している。

Thotapalliの主張の中には、Bet 365が彼の収入源に関する書類を要求するまでに2か月かかったというものもある。彼は口座を開設するとすぐにギャンブルを始め、2015年4月に収入の証明を求められるまでに46,907ポンドの損失を被ったと述べている。

強欲な賭博強欲な賭博賭博行為

Thotapalliの弁護団は、Thotapalliのアカウントでの賭け行為は、彼の強欲なギャンブル行動を示していると主張している。裁判はまもなく開始され、2023年9月15日までに証人陳述書が交換される予定である。彼の事件は、大金を失った他のギャンブラーの注目を集めている。

Bet 365はギャンブラーの主張に同意しない。同社は責任あるギャンブル行為が守られるように複数回Thotapalliと関わったと述べている。同社の広報担当者によると、顧客はアカウントを開設した数週間後に自己評価照会を受けたという。これには、顧客が最後の1ペニーがなくなるまでギャンブルをする習慣があったかどうかを明らかにするための質問が含まれており、基本的な支出やニーズさえ危険にさらしていた。Bet 365はまた、Thotapalliが彼のギャンブル活動をコントロールできることを確認した後の電話で、顧客の応答が確認されたと主張している。彼は少なくとも4回、責任あるギャンブル自己評価 (RGSA) に合格した。

脆弱なギャンブラーに対する英国のアプローチ

この事件は、イギリスでギャンブル業界の規制変更が検討されている最中に起きた。これらの変更の中には、財務チェックの強化や、スロットの1回転あたりのオンラインベットの制限などが提案されている。Thotapalliの訴訟の結果は、脆弱なギャンブラーを保護するための業界のアプローチに影響を与える可能性がある。これにより、過度なギャンブル行為を検出し、防止する事業者の責任が強調される。

 

関連コンテンツ:

Wynnbet、ウェストバージニア州でスポーツ賭博サービスを開始

ゲームコントローラーがタイタニック号の潜水艇の操縦に使われた

ゲーミングレビュー:SiGMAがブラジルに

注目:SiGMA アジアは7月19日から22日にかけてマニラで開催される。詳細はこちら!

 

 

Share it :

Recommended for you
Content Team
9ヶ月前
Content Team
9ヶ月前
Content Team
9ヶ月前
Content Team
9ヶ月前