SiGMA

カリフォルニア州の有権者、スポーツ賭博の提案を圧倒的多数で否決

掲載日時 11月 09, 2022 12:29 Category: アメリカ , オンライン , スポーツベッティング , 投稿者 Sharon Singleton

カリフォルニア州民は、米国で最も人口の多い州に数十億ドル規模のスポーツ賭博市場を開設する2つの提案に反対票を投じた。

火曜日に行われた中間選挙では、住民は提案26と提案27の二つの法案に投票するよう求められた。1つ目は先住民族の支援を受けており、カジノでのスポーツ賭博を許可していた。二つ目は一般的に市場を開いたであろう。

AP通信によると、投票者の70.5%がスポーツ賭博の合法化に反対し、賛成はわずか29.5%だった。モバイルスポーツの賭けに関しては、結果はさらに強調され、83.4%が反対した。

今回の敗北に先立ち、米史上最も高額なロビー活動が行われており、両党は合わせて4億5000万ドルを投じている。

米国最大のスポーツ賭博市場

ギャンブル業界にとっては大きな利害関係があり、カリフォルニア州は国内最大のスポーツ賭博市場になる可能性があると見られていた。

次のチャンスは2024年を待たねばならないだろう。

この提案に賛成する議員は、この提案が国家のために資金を集め、違法なギャンブルによる犯罪やマネーロンダリングを減らすのに役立つと主張している。

しかし、先住民族は完全に開かれた市場に反対しており、州内の部族にゲーム事業の独占権を与える1999の部族ゲーム協定に違反していると主張している。

対立する派閥間のロビー活動にもかかわらず、繰り返し行われた世論調査では、この問題はカリフォルニア州民にとって優先事項ではないことが示されていた。

ご一緒に参加:11月14日~18日、SiGMAヨーロッパ

ゲーム業界を規制した最初のヨーロッパ諸国の1つであるマルタは、グローバルビジネスのハブである。投資家と起業家の両方が将来を形作ることを期待する多くの展望がある中、SiGMAのマルタ・ウィーク・イベントでは、このセクターの関連会社、事業者、サプライヤーの中から業界の巨人が一堂に会する。

Related Posts

AUSTR…

オーストラリアの金融監視機関であるAUS…

Luckb…

Luckboxブランドでビジネスを行って…