SiGMA

アフリカで共通の暗号?ケニアのSiGMAイベントで討論するパネリストたち

掲載日時 1月 19, 2023 13:54 Category: アフリカ , ペイメント , 規制 , 投稿者 Neil 翻訳者: Wade Cito Wheelington

アフリカ大陸が特にステーブルコインの形で独自の暗号を採用するというアイデアは、ケニアで開催されているSiGMAアフリカイベントで議論された。

この中で行われたパネルディスカッションは「モバイル決済と暗号化決済、どちらが勝つか?」と題して行われた。

NYCE International LtdのマネージングパートナーであるHarmen Brenninkmeijer氏、Bizin Africa GroupのマネージングディレクターであるJeremiah Msangi氏、Revenue Capital LLCのボードメンバーであるPiotr Plasecki氏が討論に参加した。

Msangiは、ケニアのほとんどの人はすでにモバイルマネーを使っているが、近いうちに暗号通貨への移行が起こると考えていると説明した。「人口の約20%が、ある時点で利用したことがある。5年後には50%になると思います」。

「アフリカは世界を教えているのか、それとも世界がアフリカを教えているのか」 とBrenninkmeijerは尋ねた。

「今のところテクノロジーはアフリカの外にある。しかしアフリカは迅速かつ効率的な方法で大陸外で生産された資本源を採用している。」とPiotr Plaseckiは述べた。

「暗号は今のところ貨幣ではなく、交換手段としての性格が強い。そのため、現在の取引は暗号資産所有者間で行われている。ウェブ3の世界で本物の貨幣を手に入れるには時間がかかるだろう。これを貨幣として手に入れるには、交換手段としてだけでなく、支払い手段として手に入れる必要がある」 とPlaseckiは続けた。

Msangiも「南アフリカなどの一部の国では、各国の中央銀行が規制する通貨と競合しないため、暗号資産を資産として規制し、使用している。すべての国が独自のデジタル通貨を持つようになると思います」と述べた。

BrenninkmeijerはアフリカがUSDTのようなステーブルコインを持つというアイデアを提案した「しかし、銀行はどのように規制するのだろうか。現地通貨レベルではこのようなことが起きていますが、アフリカの複数の国で使われている通貨が1つの場合はどうでしょうか。」

「すでに世界中で使われている独自の通貨があります。このステーブルコインのように。アフリカへの支払いとアフリカからの支払いに使えます。アフリカでの全ての取引は現在米ドルで参照されている。おそらくアフリカ人は一緒になって、超通貨になる国を1つ選び、その1にリンクされたデジタル通貨を持つことができるだろう。」

Msangiはまた、アフリカ人は暗号とその様々な用途についてより多くの情報を得る必要があると主張した。

 

関連ポスト

SiGMA…

SiGMA財団は、エチオピアのジンマボン…

Kindr…

マルタに本社を置くKindred Gro…