SiGMA

欧州のeスポーツ産業は完全性へのリスクを防ぐための規制が必要

掲載日時 11月 17, 2022 16:09 Category: カジノ , スポーツベッティング , ヨーロッパ , 規制 , 投稿者 Sharon Singleton

SiGMAヨーロッパの専門家委員会は、eスポーツ産業は急速に成長しているが、完全性への脅威を防ぐためにより効果的な規制が必要であると述べた。

eスポーツ・インテグリティ委員会の責任者であるIan Smith氏は基調講演で、 「市場の潜在力は非常に大きいが、かなりの危険がある」 と述べ、いくつかの重要な懸念を概説した。

特に、市場の成長速度と変化の速さを考えると、完全性に対する脅威への対処は大きな課題となるだろう。

問題の1つは、ゲームがパブリッシャーによって所有されており、彼らはマイクロ購入を行う数百万人のファンから利益を得ているという事実である。そのため、これらのプレイヤーのニーズに応えることに主眼が置かれており、メジャー大会のわずか数週間前にはアドホックパッチによってゲームが変更されることもある。

eスポーツのゴールポストの変更

「それはまるでFIFAがワールドカップを目前にしてゴールを大きくしたりピッチを狭くしたりするようなものだ。」と述べた。

Melchers法律事務所のアソシエイトであるMichelle Hembury氏は、誠実性の問題をさらに掘り下げ、ドイツではeスポーツに賭ける需要は大きいが、規制はないと指摘した。

これはプレイヤーを闇市場に追いやっており、完全性に大きなリスクをもたらしている、と彼女は述べた。現時点では、十分に真剣に受け止められていない。

Legal Gaming Attorneys at LawのパートナーであるAntti Koivula氏は、ギャンブル独占が存在するフィンランドでも規制は貧弱であると述べた。彼の推定によると、現在スポーツベッターの約80%が、保護されていないオフショアでギャンブルをしている。

「フィンランドの規制当局は、誠実性の問題に取り組む価値があるとは考えていません」 と彼は言った。

各パネリストは、さらなる規制が必要との認識で一致したが、そのようなグローバル産業の有効な枠組み作りの難しさも指摘した。

「国際的な協力と執行が重要だが、それを達成するのは非常に難しい。」とKoivulaは述べた。

強制の障害物

DLAパイパー・ハンガリーの紛争解決責任者でローカルパートナーのViktor Gyorgy Radicsは、欧州でもある規制当局がスポーツ賭博業者に制裁を科したとしても、他の欧州の管轄区域でそれを強制する効果的な方法はないと指摘した。

「欧州ができないなら、どうすれば世界的にできるのか。」と述べた。

包括的な枠組みが存在しない中で、パネリストたちはより大きな自主規制が必要であると主張した。これには、出版社自身を含む様々な利害関係者間のより多くの対話の必要性が含まれる。

彼らによると、出版社は関与することを警戒しており、eスポーツのギャンブル的側面から距離を置こうとしているという。しかし、上から厳しい規制をかけると、彼らのビジネスにも影響が出る。

11月14日~18日SiGMAヨーロッパ

ゲーム業界を規制した最初のヨーロッパ諸国の1つであるマルタは、グローバルビジネスのハブである。投資家と起業家の両方が将来を形作ることを期待する多くの展望がある中、SiGMAのマルタ・ウィーク・イベントでは、このセクターの関連会社、事業者、サプライヤーの中から業界の巨人が一堂に会する。

Related Posts

AUSTR…

オーストラリアの金融監視機関であるAUS…

Luckb…

Luckboxブランドでビジネスを行って…