オーストラリアでのギャンブル広告禁止

Content Team 9ヶ月前
オーストラリアでのギャンブル広告禁止

法案がオーストラリアのギャンブル規制制度に採用されれば、3年以内にギャンブル広告の全面禁止が実施される。この勧告は、オンラインギャンブルとそれが問題のあるギャンブラーに及ぼす影響に関する議会の調査に基づいており、最近、国のギャンブル部門に関する31の改革案を含む報告書が発表された。

賭博広告の禁止

委員会の勧告には、放送メディアとオンラインプラットフォームの両方でギャンブル広告を完全に禁止することが含まれている。報告書によると、オンラインギャンブル会社は、ギャンブルサービスを無害で社会的な活動として意図的かつ戦略的に販売しているという。委員会は、そのような広告は子供や若者をギャンブルに仕立て、危険な行動を助長すると主張している。

同委員会は、オンラインギャンブルの広告が最も強い言葉で拡散していることを批判した。

「オンラインギャンブル会社がオーストラリアで多くの広告を出しているのは、それが効果的だからです」 -Peta Murphy MP

しかし、大手賭博業者を代表する業界団体である責任ある賭博業オーストラリア (Responsible Wagering Australia:RWA) は、今回の禁止提案を 「行き過ぎ」 と批判し、よりバランスの取れたアプローチを求め、全面禁止の非有効性を強調し、オーストラリア国民を違法なオフショア賭博の選択肢へと駆り立てていることを示唆した。

委員会は、ギャンブル業界を、好きな娯楽の一部である楽しく、無害で、社交的な活動として正常化したと非難した。

「RWAのメンバーは、放送局や主要なスポーツコードと共に、ギャンブル広告を減らしたいというコミュニティの願望が高まっていることを公に認めている。しかし、一律禁止は、たとえ段階的に導入されたとしても、近視眼的で効果がなく、答えにはならない。全面禁止やボーナスベットなどの誘因を禁止するような厳格な変更は、問題のあるギャンブルに対処する上で効果がないことが多く、オーストラリア人はこれらの選択肢を探す際に違法なオフショア市場に頼ることになることを我々は知っている」‐責任ある賭博業オーストラリアのCEOのKai Cantwell

オーストラリアではギャンブルに関する広告の禁止に対する国民の支持は高く、オーストラリア研究所が実施した調査では71%がテレビでのギャンブル禁止に賛成している。

オンラインギャンブルのオンブズマンの設立

同委員会は、広告の禁止と並行して、規制とライセンスの連邦レベルへの移行、オンラインギャンブルのオンブズマンの設立、運営者へのハームリダクション課税、無免許業者の取り締まりなど、オンラインギャンブル規制の大幅な変更を勧告した。

報告書はまた、消費者保護策の強化、新しい規顧客情報 (KYC) のオペレーターへの要求、誘導行為の禁止、ギャンブル事業者に対する法的な注意義務を求めた。委員会の報告書は、現在の規制枠組みの弱点と断片化に対処することを目的としており、オンラインギャンブルサービスプロバイダーに責任を負わせ、彼らの製品によって引き起こされる被害を軽減することを目的としている。

関連コンテンツ:

Fenway Sports Group、テクノロジーとゴルフのユニークな融合に投資

Wynnbet、ウェストバージニア州でスポーツ賭博サービスを開始

ゲーミングレビュー:SiGMAがブラジルに

注目:SiGMAアジアは7月19日から22日にかけてマニラで開催される。詳細はこちら!

 

Share it :

Recommended for you
Content Team
9ヶ月前
Content Team
9ヶ月前
Content Team
9ヶ月前
Content Team
9ヶ月前