IMG ARENA、Leap Gaming買収でスポーツベッティングコンテンツ強化へ

Content Team 1年前
IMG ARENA、Leap Gaming買収でスポーツベッティングコンテンツ強化へ

IMG ARENAによると、Leap Gamingの買収で合意したのは、既存の関係を強化してスポーツベッティングコンテンツを強化するためだという。

IMGによると、仮想スポーツおよびカジノゲームを提供する同社の買収は来年完了する見通し。財務面の詳細は明らかにされていない。

今回の買収は、2018年にIMGがLeapに出資して以来の提携関係に基づくもので、Leapは世界中の120のスポーツ書籍事業者と提携している。

IMG ARENAの社長であるFreddie Longは次のように述べている。 「2018年にLeap Gamingに投資したとき、私たちの目的は公式の製品を作り、クライアントのために新しい収益源とファンとのエンゲージメントの形を切り開くことでした。このパートナーシップを延長し、LeapをIMG ARENAチームに正式に迎えることを嬉しく思います。」

「この買収により、Leapで既に行ってきた取り組みをさらに発展させ、バーチャルスポーツ体験を新たなレベルに引き上げ、スポーツベッティングコンテンツのポートフォリオを強化し続けることができます」 。

買収後、Leap Gamingの最高経営責任者であるYariv Lissauer氏がシニアディレクター兼ゼネラルマネージャー (iGaming) に就任する。彼の率いる58人強のチームもIMG ARENAに加わる。

IMGは年間45,000以上のスポーツイベントのライブストリーミングやデータフィード、オンデマンドのバーチャルスポーツ製品を提供している。

Leap Gamingは2014年に設立され、イスラエル、マルタ、ウクライナにオフィスを構えている。

不安定な市況と金利の上昇にもかかわらず、健全なバランスシートを持つギャンブル業界は、商品提供のギャップを埋め続けているため、ギャンブル業界ではM&Aが着実に進行している。

ちょうど今月、Real Luck Gamingがアジア向けプラットフォームの買収を発表し、PlaytikaはトルコのAce Gamesに2500万ドルを投資すると発表した。

 

Share it :

Recommended for you
Content Team
10ヶ月前
Content Team
10ヶ月前
Content Team
10ヶ月前
Content Team
10ヶ月前