SiGMA

日本のオンラインカジノの取り締まりは 「噛み付き」 より 「吠える」

掲載日時 11月 21, 2022 09:32 Category: アジア , オンライン , 規制 , 投稿者 Content Team

日本政府は違法なオンラインカジノとそのプレーヤーに対する脅威を強めたかもしれないが、ある日本のゲーム業界幹部は、これまで実際に強制された証拠はほとんどないと述べている。

岸田文雄首相は6月1日の予算委員会で、国民を対象としたオンラインカジノを 「ギャンブル犯罪」 と改めて厳しく取り締まると表明した。

Bay City Venturesの国領譲治常務は、政府内の複数の省庁が違法なオンラインカジノの取り締まりに当たっていると述べた。

10月下旬、日本の警察庁 (NPA) がオンラインゲームサイトの利用を犯罪と認定する公的な警告を発した後、この問題はさらにエスカレートした。

警察庁の通達によると、 「常習賭博」 の罪で起訴された者は、最高50万円 (3,754.43ドル) の罰金と最高3年の懲役が科せられる。

発言の活発化は業界に懸念の波紋を広げた。ヨーロッパのオンライン企業の多くは、アジアで最も有望な市場の一つと見られている日本を積極的にターゲットにしている。

大きな市場ポテンシャル

調査・コンサルティング会社IMARCグループによると、オンラインギャンブル市場は2021年に約67億ドル規模であり、2027年までに6.95%の成長率で101億ドルに達すると予想されている。これらの数字には、インターネット上で行われたカジノとスポーツの賭けの両方が含まれている。

しかし、国領は、今のところこのような警告は噛み付くというよりは吠えるのではないかと述べている。

6月の岸田の発言は 「目新しいものではない」 としている。

「法律は全く変わっていない。違法なギャンブルが行われている状況を宣伝するために一生懸命働いているだけである」。

2019年から2021年の間に、オンラインカジノに関連したギャンブル犯罪で逮捕されたのはわずか50人であると理解されている。

国領は、最近 「オンラインカジノ」 による逮捕事件が現地メディアで報道されることが増えていることに気づいた人もいるかもしれないが、これは日本のメディアが 「オンラインカジノ」 とは何かを誤解している結果である可能性が高いと述べた。

「『オンラインカジノ』で逮捕されたというニュースは、実は『インカジノ』のニュースです。これは『カジノカフェ』を表す和製英語です。

日本のカジノカフェ

これらのカジノカフェでは、プレイヤーはインターネットを介してPCでプレイすることができ、通常はその場で現金による賭けや払い戻しを行うと国領は説明し、フィリピンの規制された電子ゲームパーラーとの類似点があることに同意した。

「ですから、『千葉のオンラインカジノ…』などのニュースで見ても、国際的なゲーム業界が知っている従来のオンラインカジノとは違います」 。

日本では、違法なオンラインカジノや 「インカジノ」 で遊んでいたことが発覚した場合、国民は賭博罪に問われる可能性がある。

国領は6月の岸田の発言以降、逮捕率が上昇したかどうかは不明だが、ネット上のカジノプレイヤーが逮捕されたという報道はないとしている。

「今は猶予期間のようなもので、何が起こっているかを人々が確実に知ることができるようになっていると思います。」。

日本国民の多くは、オンラインカジノがヨーロッパやアジアの国で認可されている限り、合法的にプレイできると考えており、国民の間には依然として大きな混乱があると国領は述べている。

また、日本のゲーム業界幹部は、今後の取り締まりは 「オンライン業界にとって悪いニュースばかり」 に見えるかもしれないが、実際には長期的には良い兆候であると指摘した。

長期規制の可能性

国領は「正直なところ、長期的には、この取り締まりが規制を検討している次のステップとして、良いニュースになる可能性がある。」と述べた。

「今ビジネスをしている人にとっては、明らかにブラックリストに載るので良いニュースではない。しかし業界全体としては、ゲームのように、規制されればより健全な環境に向かうと思います。」と付け加えた。

国領は、現在日本でオンラインゲームや規制の可能性を研究している人が 「間違いなく」 いると推測しているが、今のところはまだ研究段階である可能性が高い。

「そのため、デューデリジェンスを行っているときに、もっと考えてみてください。今すぐ規制するよりも理解した方がいい」。

日本では、MGMリゾーツとオリックスが開発する大阪の統合型リゾートと、カジノ・オーストリアと複数の金融パートナーが共同で推進する長崎の統合型リゾートの第1弾を、ゆっくりではあるがオープンする計画を進めている

7月に開かれた会議で、国領は今後5-6年の間、どちらも開業するとは考えていないと述べた。

 

Related Posts