ケニアはiゲーミングの普及率で地域をリードしている

Content Team 1年前
ケニアはiゲーミングの普及率で地域をリードしている

加入者の増加を狙うiゲーミング企業にとって、ケニアは肥沃な土地である。人口は5600万人で、その50%が18歳以上であり、重要な潜在的集水域である。

携帯電話の普及率はサハラ以南で最も高く61%であり、ザンビアの58%、タンザニアの54%、ナイジェリアの47%を上回っている。モバイルユーザーの半数以上がスマートフォンを所有している。携帯電話ネットワーク経由のモバイルインターネット接続速度の中央値は13.19 Mbps、固定インターネット接続速度の中央値は8.58 Mbpsである。

東アフリカ最大の経済規模

ケニアは東アフリカ最大の経済大国であり、2020年に誕生したばかりのオンラインギャンブル市場は、スポーツブックの収入20億米ドルに対して、わずか4000万米ドルの価値しかないと推定されている。

スポーツ賭博が市場を支配している。多くのサッカー狂のケニア人がプレミアリーグやヨーロッパリーグのクラブをサポートしており、30人の認可されたスポーツブック運営者が地元の人々にひいきにされている。ケニアは、収益ベースのギャンブル市場規模で南アフリカ、ナイジェリアに次いで第3位である。それでも若い選手の数が最も多く、平均支出額も最も高い。

ランドベースvsオンライン

主要都市で30の認可を受け営業している老舗の実店舗カジノ市場がある。スロットマシンは1300台以上で増殖し、ルーレットやポーカーなどの人気ゲームは200台以上のテーブルでプレイされる。

SportPesaは10年前にライセンスを受けた最初のオンラインスポーツブックだった。GeoPollは、ケニアのギャンブラーの82%がスポーツブック運営会社のアカウントを持っていると報告しており、最も人気のある賭けプラットフォームであり続けていることを確認している。その他の人気オペレーターは、Betin、Elitebet、Betika、Mcheza、Betpawaである。

次に人気があるが、大きく遅れをとっているのはオンラインポーカーとオンラインカジノゲームであるが、このセグメントは急速に成長している。ケニア人の2/3は賭場から遠く離れた農村部に住んでおり、農村部のギャンブラーのほぼ90%は携帯電話を使って賭けを行っている。経済は依然として主に現金ベースであり、従来の銀行やクレジットカードの利用は限られている。

関連記事:

ガーナにおけるiゲーミングの新たなフロンティア

ガーナにおけるiゲーミングの利点

Share it :

Recommended for you
Content Team
10ヶ月前
Content Team
10ヶ月前
Content Team
10ヶ月前
Content Team
10ヶ月前