ニュージャージー州、インターネット賭博を5年間延長

Content Team 9ヶ月前
ニュージャージー州、インターネット賭博を5年間延長

ニュージャージー州は、州議会が提案しているように、今後5年間はインターネットギャンブルの中心地であり続けるだろう。この決定は、立法者が当初、オンラインカジノのギャンブルの延長をわずか2年に制限しようとしていたときに、一時的な不確実性の後に行われた。しかし、地元カジノの強い反対や、政治家がオンライン賭博の規制に賛成したため、法案は再び修正され、5年間の延長が認められた。

州内の民主党政治家からの説明はない。当初の変更とその後の修正の背後にある理由は不明のままである。

10年ではなく5年延長

「我々は皆、何が起こったのか解明しようとしている」‐元アトランティックシティ市長のDon Guardian

南ニュージャージー商工会議所は今回の変更を歓迎し、当初の2年間の延長からの変更を称賛した。商工会議所は、オンラインギャンブル部門の成長を可能にするために、より長い再承認期間の重要性を強調した。10年の延長は承認されなかったが、五年間という期間は、業界の事業が成功するための十分な安定性を提供するだろう。

アトランティックシティのカジノや政治家の間では、この動きが将来州が徴収するギャンブル税の額を引き上げるという点で影響力を得るのではないかという憶測があった。現在の税率は、カジノでの直接当選が8%、オンラインスポーツ賭博が13%、インターネット賭博が15%である。

ニュージャージー州では10年延長が必須

ニュージャージー州カジノ協会のMark Giannantonio会長は、当初法案に規定されていた10年間の全面延長は、カジノの継続的な運営にとって極めて重要であると述べたが、5年間の延長についてはコメントしなかった。

「10年間のインターネットゲーム法案の再承認は、ニュージャージー州のゲーム産業と、徴収された税金で支えられているプログラムの継続的な成功に不可欠です」‐ニュージャージー州リゾート&カジノ協会会長Mark Giannantonio

前市長のガーディアンは、2年という期間はアトランティックシティでは稀な成功例となっている産業を壊滅させる可能性があると述べた。また、ニュージャージー州におけるオンラインギャンブル事業は、同事業を提供している他のどの州よりも多くの収入をもたらしたと付け加えた。彼は、運営期間が2年しかないビジネスに投資することを選ぶオンラインゲーム会社はないだろうと固く信じている。

New Jersey
ニュージャージー州はオンラインギャンブルが合法化された州の一つである (SiGMA)

2013年11月にニュージャージー州でインターネット賭博が合法化されて以来、カジノ運営会社とそのオンライン関連会社はギャンブラーから62億9000万米ドルを獲得したと、米国ゲーミング協会が発表した。これにはオンラインのスポーツ賭博の収益は含まれない。オンラインゲームはまた、COVID-19の閉鎖期間中、企業と州に重要な収入源をもたらした。

米国では、いくつかの州がオンラインギャンブルを合法化している一方で、スポーツ賭博のみを合法化している州もある。

ニュージャージー州以外で、管轄区域内で規制されたオンラインギャンブルを提供している州は、ネバダ州、デラウェア州、ペンシルベニア州、ウェストバージニア州、ミシガン州、ニューハンプシャー州である。

関連コンテンツ:

M&A:MicrosoftとActivision、法廷審問で750億ドルの取引

M&A:MicrosoftによるActivision Blizzardの買収

SiGMA 外国為替サミットが9月にキプロスで開催される

Share it :

Recommended for you
Content Team
9ヶ月前
Content Team
9ヶ月前
Content Team
9ヶ月前
Content Team
9ヶ月前