北米でのBet 365の拡張

Content Team 1年前
北米でのBet 365の拡張

Bet 365は1月1日にオハイオ州でサービスを開始した。Bet 365はこれまで、マサチューセッツ州でのオンラインライセンス申請を取り下げ、ニューヨーク州でのライセンス申請も2021年に却下されていた。

アイオワ州、インディアナ州、アリゾナ州にも進出する可能性があるが、計画はまだ同社によって確認されていない。Bet 365は欧州の大手ゲーム事業者として、米国市場への急速な拡大を優先していない。

例えば、Paddy PowerBetfairを運営するFlutter EntertainmentFanDuelを買収した。合併後の法人は現在、米国を代表するスポーツブックとなっている。Entainが運営するCoralとLadbrokesはMGM Resortsと合併し、アメリカではBetMGMとして運営されていた。これはスポーツベッティング部門で第3位にランクされており、CaesarsWilliam Hillが合併した事業体は米国でWilliam Hillとして運営されているが第4位である。ボストンを拠点とするDraftKingsは、SB Techを買収して米国で上場した後、第2位にランクされている。

Bet 365のニュージャージー州とコロラド州での市場シェアは1%にも満たない。オハイオ州の最初の収益報告書は2月に発表される予定である。

ほとんどのアメリカ企業は昨年、価値を失った。米国内で売上高がプラスになった唯一の事業者はFanDuelだ。

バージニア州のオンラインギャンブル

バージニア州におけるオンライン賭博は、Daily Fantasy Sports (DFS) が合法化された2016年に遡る。2021年にオンラインスポーツベッティングが登場してから市場が拡大した。

スポーツベッティング

バージニア州のオンラインスポーツ賭博は、4月に法案が通過し、2021年1月に最初のサイトが開設された後、2020年7月に完全に合法化された。バージニア州にはスポーツブックの歴史はあまりなく、すでに合法的なスポーツ賭博を行っている他の州とは少し異なるルートを選択している。新しい規制機関を作る代わりに、宝くじ委員会が活動を監督する。

Share it :

Recommended for you
Content Team
1年前
Content Team
1年前
Content Team
1年前
Content Team
1年前